ブログ・お知らせ診療ブログ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

去勢手術を行ったミントちゃん

手術報告 2017.11.12 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったミントちゃんです。

いつも元気よく吠えているミントちゃん、手術頑張りましたね!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

下痢が始まったツキちゃん

診療ブログ 2017.11.10 UP DATE.

今回は、最近お家に迎えられた人見知りしないお利口さんなツキちゃんのお話です。

最初は首輪が痒かったようでその診察をしていたのですが、

今回、急に下痢が始まり、一度吐いて、食欲も落ちたとのことでした。

家に迎えて間もないので一度便の検査をしましょうね、と話していた矢先のことでした。

カルテを見ると増えないといけない体重が増えていませんでした。

生後2、3ヶ月の子犬の体重が増えていないのはとても良くありません。

まず糞便検査とエコー検査、その結果から血液検査と後日、便中の感染症の遺伝子検査まで行いました。

徹底的に検査を行ったのは、腹水と重度の低タンパク血症が認められたためで、栄養状態が著しく悪いようだったためです。

糞便検査ではジアルジアという寄生虫の重度寄生ととらせん菌の著しい増加が認められました。

遺伝子検査にて、らせん菌はカンピロバクターで、さらに病原細菌として

クロストリジウムという菌の病原性のあるものが感染しているという結果が得られました。

実際に得られた病原体の顕微鏡の写真が下です。

 

◇ジアルジアの栄養型虫体(中央)と嚢子と思われるもの(左下)

ジアルジアを含んだ便に接触(拾い食い・水溜りの水を飲む・便を踏んで舐める等)し、病原体が口に入ることで感染します。

ジアルジアは感染しても必ず下痢を起こすとは限りません。

特に成犬では、不顕性感染と言って全く症状を起こさずに感染し続け、便中に排泄され続ける状態になることがあります。

そういった状態から知らず知らずのうちに感染が広がっていきます。

子犬で症状が出ることが多く、栄養吸収に影響して発育を悪くすることがあるため、子犬を家に迎えたら便の検査を行う必要があります。

なかなかこの写真のようにはっきり顕微鏡で見えることは多くないので、疑わしい場合、簡単な検査キットを使用して検出することもあります。

 

◇多数のらせん菌(カンピロバクターと考えられる)

らせん菌は正常な便中にも、少量確認されることがあります。

しかし、症状があって著しく増えている場合には、

他の病態でお腹の細菌のバランスが崩れている、あるいは外から新しく病原性を持った種類が感染してきていると考えられます。

特に病原性のものは人の食中毒の原因になるものもあるので、注意が必要です。

 

現在、ツキちゃんは虫下しをかけてウンチの調子も戻って、栄養状態も改善してきています。

まだまだ治療中ですし、子犬なので、これから予防など先のことも見据えていかないといけません。

しっかりとフォローしていきたいと思います。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

条虫が出てきたしろ・くろちゃん

診療日誌 2017.11.08 UP DATE.

ノミダニの予防に来られた子猫さん2匹。


家に引き取ったばかりでとりあえず予防を。ということで来られましたが
お薬をつけようと診察台に乗せると…

お尻から白い小さなものが出て動いてる!とお知らせがありました。。。

顕微鏡でみてみると…

この卵を撒きながら動いていました。
ノミもいたため瓜実条虫と思われ、消化管にいる寄生虫で、ノミが宿主となりうつります。

子猫で寄生すると下痢を起こすことも多く、月齢の若い子では脱水などから命に関わることもあります。
幸いしろちゃんくろちゃんは下痢もなく、駆虫薬で4週間後には条虫がいなくなってくれました。

子猫を小さいときから飼われるときはどんな感染や寄生虫をもっているかわからないので
一度病院に来ていただいて必要な予防についてお話を聞きに来られてください。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったマロンちゃん

手術報告 2017.11.06 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったマロンちゃんです。

小さく折れたお耳が可愛いですね。

入院室ではゴロゴロと甘えてくれました。

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったのんちゃん

手術報告 2017.11.04 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったのんちゃんです。

ハチワレがとってもかわいいのんちゃん。
とてもおりこうさんで手術と入院がんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったハナちゃん

手術報告 2017.11.02 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったハナちゃんです!

茶色の毛がチャームポイントのハナちゃん。
抜糸も済んで手術がんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

靴下を飲み込んでしまった小鉄ちゃん

診療日誌 2017.10.30 UP DATE.

子犬さんが夜に靴下を飲み込んでしまって…

と連れてこられました!

ご飯を食べた後、中学生の娘さんの靴下を飲み込んでしまっていました。
時間は1時間以内だったので吐かせる催吐処置を行い、吐き出してくれるか見守ると…

きれいに靴下をはきだしてくれました!

子犬さんの誤飲は非常に多く、時間が経つと腸閉塞を起こしてしまう可能性もあり、重篤な全身状態の悪化につながります。
麻酔をかけて内視鏡での摘出になったり、お腹を開ける手術での摘出になったりととても大変な処置が必要になります。
飲み込むはずがないと思っていたものでも遊んでいる最中に飲み込むことが多いので、子犬さんの周りのものに気を付けて誤飲を防ぐよう注意してください!

そして飲み込んだことに気づかれたときはすぐに診察に行かれるようにしてください。

今回は上手に吐き出してくれて大事にならず良かったです(^^)

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

急にお顔が腫れたロックちゃん

診療日誌 2017.10.28 UP DATE.

大型犬の仔犬さんのロックちゃん。
フィラリアのお薬のために月に1回の体重測定にこられました。が…

なんか顔が腫れてるんですよね…とのこと。

目の周りや口回りが赤く腫れぼったく見えます。
ひどいかゆみはなさそうですが本人も気になっていました。

耳を見てみると

耳介の内側が赤く斑状に腫れているのが分かります。

原因は分かりませんが、何か食べてしまったか触れてしまったかによる急性のアレルギー反応が起こってしまったと考えられます。
子犬さんなので何かお散歩中に口にくわえてしまったりもするのでこのような症状は注意が必要です。

ロックちゃんは皮膚症状だけが出ていて他に呼吸器の症状や鼻喉頭の症状は出ていませんでした。
血液検査も特に異常はでていなかったので、ステロイドの注射で症状が引くか見てみることにしました。

数日すると元のお顔に戻ってかゆみ等も出ずにすっかり良くなりました!

早めに対応していただいたおかげで重篤な症状は出ずに良くなってくれてよかったです!
急性アレルギーは思わぬきっかけで起き、命に関わる症状を引き起こす可能性もあります。

いつもとちょっと顔の様子が違うという小さな変化でも気づかれたらいつでもご相談ください。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

靴下を飲み込んだこむぎちゃん

診療日誌 2017.10.26 UP DATE.

シーズーの4ヵ月の仔犬さんが「靴下を飲み込んでしまって…」と来院されました。
お話を聞くと、手足を舐めないように履かせていた犬用靴下の1つを昨晩丸々飲み込んでしまった
とのことでした。

時間が12時間以上経過していたので胃から腸へと流れて詰まっている可能性もあり、
エコーで確認したところ胃の中に構造物が見られ、腸の閉塞所見もみられなかったため
催吐処置と言ってお薬を注射で入れて吐かせる処置を行いました。

約3分後…

きれいに靴下を吐き出してくれました!

子犬さんで誤飲・誤食はとても多く何でも口にいれてしまいます。
今回は催吐処置で吐いてくれたため、すぐに解決することができましたが
お腹に詰まると急激に吐いたり、体調がひどく悪くなったり、お腹を開けて手術で腸を切開して取り出す必要があったりと
とても大きな手術が必要になります。
飲み込んでからの時間によって胃に残っているか流れているかも変わってくることが多いです。

飲み込んだことに気づかれたときは大事になる前に早めに病院へ行って診察を受けるようにみなさん気を付けましょう。

今回は幸い嘔吐もなく元気な状態で処置ができてよかったです!

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

鼻の下が赤くなったキラくん

診療日誌 2017.10.24 UP DATE.

急に鼻の左下だけがただれて赤くなってめちゃくちゃ気にしてると来られたキラくん。

初めに来られたときは少し赤みが広がっていて舐めてただれてしまっている状態でした。

外因的なものによる感染か外傷かを疑い、抗生剤の治療をしてみましたが

ますます赤くなって範囲も広がり、気に仕方もひどくなってしまっていました。

抗生剤も効かず、局所的な病変でますます悪化したり、悪性のものであると後手になってしまうと判断し
麻酔下で皮膚のパンチ生検という一部分切り取って病理組織検査に出すことにしました。

生検時麻酔下の写真です。

結果が出るまで抗生剤での治療を続けていきましたが、劇的な良化は認められず、少し腫れがひいているくらいで検査結果を待ちます。

 

検査の結果

「皮膚:毛幹内の菌糸および分節分生子を伴う多発性の毛包周囲炎および毛包炎」

つまり皮膚糸状菌症の深在性病変であることがわかりました。

組織画像です。

Aと書いているのは分節分生子というもので、Hは菌糸です。
毛幹部にこのように糸状菌(学名:Microsporum canis)と呼ばれる被毛に感染するカビの一種が感染していることがわかりました。

塗り薬は舐めてしまうので内服薬での治療を始めます。

赤みや腫れはだいぶ良くなっています。
気に仕方も減ったとのことです。

すっかり良くなりました!!

まったく気にしなくなって赤みもひいたのでこのまま治療終了となりました。

皮膚糸状菌(別名・真菌)は人にもうつり皮膚病変をつくり、痒みを引き起こします。
ウッド灯検査で診断ができることや培養検査、抜毛検査でわかることもありますが、今回はどれも陽性に出ず、結果病理検査で診断がついた症例でした。

抵抗力が落ちているときに感染しやすいと言われており、しっかり治療すればほとんどが治る病気です。

今回キラくんは急性で局所的な感染でしたが最後までしっかり治ることができてよかったです(^^)
今後もサポートしていきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったネーちゃん

手術報告 2017.10.22 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったネーちゃんです。

入院中もゴロゴロと甘えてきて、とっても可愛かったです!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったミーちゃん

手術報告 2017.10.20 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったミーちゃんです。

初めての病院で緊張していましたが、よく頑張りましたね!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

2017.11.01

11月の臨時休診のお知らせ

11月の臨時休診日のお知らせ 1日(水) 8日(水) 15日(水) 22日(水) 30日(水) となっております。 *勤務予定が整い次第「獣医師勤務カレンダー」 […]

2017.11.13

せくしーぽーず

うちのちんぺーは少し?太り気味なので下半身に安定感があるのかよく不思議な格好で座っています。