大事なお知らせ

ブログ・お知らせ獣医師スタッフブログ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

SUBシステムを設置したママちゃん part2

そのため、時間を稼ぐ一時的な救命処置として、

体外から腎臓に直接カテーテルを挿入して尿を出す、腎瘻カテーテルの設置術を行いました。

リスクの高い状態でしたが、なんとか周術期を乗り越え、腎瘻設置後はどんどん状態が回復してくれました。

 

ただし、腎瘻には ①ズレやすい ②感染のリスクがある という管理上の問題があります。

何日脱落せずに入っていてくれるか分からないため、急いでもう1セットのSUBシステムをなんとか手配し、

左側の腎瘻が抜けてきたその日に、ギリギリ間に合いました!

 

これは術中の画像です。

レントゲン透視下で腎盂(腎臓の尿を集める部分)を確認しながら腎臓内にカテーテルを設置します。

 

術後のレントゲンです。

先だって行った腎瘻と違い、カテーテルに脱落防止の工夫がしてあり、抜けにくくなっています。

腎臓からでたカテーテルは、一旦皮下に出てチタン製の洗浄ポートに繋がり、

再度腹腔内に戻って膀胱に開口します。

SUBシステム設置術は他の術式と比較して、術式が簡易で手術時間が短縮できます。

また、洗浄ポートを介して定期的にカテーテル内の洗浄を行うことで、再閉塞のリスクを軽減することができます。

 

ママちゃんは術後にやや紆余曲折はありましたが、持ち前のタフさで回復して、

今は腎臓の数値が基準値内におさまるほどで、元気にしています。

 

ママちゃんは物凄く頑張ってくれました!

定期的にメンテナンスが必要ですので、今後もしっかりとケアしていきます。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

SUBシステムを設置したママちゃん part1

尿管の通過障害から急性腎障害を起こした猫のママちゃんを

腎臓・膀胱をバイパスする「SUBシステム」という器具の設置により救命できました。

術前の写真なのでしかめっ面です。。

 

ママちゃんは以前に尿管結石の通過が原因と思われる急性腎障害を起こした既往がありました。

その際は内科治療で改善したので、定期的にチェックをしながら経過観察をしていました。

その途中の出来事です。

 

急に嘔吐があり、その後数日なんだか元気と食欲が落ちていると来院されました。

まさかと思いつつ検査をしてみると、

腎臓の数値が少し前のチェック時より上昇しており、

エコー検査で、左側の尿管の通過障害のありそうな像が認められました。

結石が詰まっているような画像所見はレントゲン・エコーでは無く、

尿の培養検査を実施し細菌感染の可能性も低いと判断しました。

以前に急性腎障害を起こし、内科治療で改善していたことから、

まず入院で内科治療を実施し、数日で元気になり帰って行きました。

 

なのですが、帰宅後すぐに、また吐いて食べない、と再来院しました。

調べてみると、なんと下がったはずの腎臓の数値がまた上昇し、

反対の右側の尿管の通過障害が起っていました。

再度入院し内科治療を行ないましたが、今度は改善が悪く、

本当に結石が詰まっていないか確認のためにCT検査に行ってもらいました。

CT検査では結石は確認されませんでした。

その為、尿管自体に問題があると考え、通過の悪い部分をパスして

腎臓から尿を膀胱へ通す手術を検討する手筈となりました。

 

しかし、一旦良くなったはずの左側の尿管が再度通過障害を起こしてきました。

尿の排泄を担っていた左側から尿が出なくなったので、状態が急激に悪化しました。

待てない状況になりました。冒頭に出てきたSUBシステムの適応です。

ですが、当院には、通常片側の発生のため、その分の1セットしか置いていません。

すぐに両側の腎臓には対応できませんでした。

そしてSUBシステムは海外から輸入する必要があり、通常は手元に届くのに時間がかかります。

 

→part2(http://live-ac.com/archives/9086)へ

 

供血犬デビューしたきなこちゃん

皆さんこんにちは。

獣医師の中尾です。

 

桜が咲く季節になりました。

いつも気づいた時には散っていることが多いので、

今年はしっかり目に焼き付けようと思います。

家の近くに桜並木があるため、愛犬のきびちゃんとお散歩しようかなと思います。

 

さて今回は3月から供血犬としてデビューしたゴールデンのきなこちゃんです。

病院にくるたび尻尾振りながら喜んでくれるため、嬉しい限りです。

(思ったより尻尾に当たると痛いです。笑)

獣医療において、輸血は毎日・毎週実施することはあまりありませんが、

輸血をしないと助からないシチュエーションは年に数回あります。

人と違って、血液バンクがないため、各病院毎に供血犬を飼育するか、

ボランティアで供血犬を募集するかしかありません。

(人工血液の研究が進めばもっと助かる命が増えるかもしれません)

 

リヴ動物病院では供血犬を飼育していないため、

現在ボランティアで供血犬募集をしています。

もしご興味がある方はスタッフにお声がけください。

(基本的には大型犬を対象にしています)

 

今回、きなこちゃんの血液で1頭の命が救われました。

きなこちゃん本当にありがとうございます。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

片側の腹腔内隠睾を腹腔鏡で摘出したピースちゃん

先日、去勢手術に来院したニコニコピースちゃんです。

(診察前はニコニコご機嫌ですが、診察は嫌いなようなのでエリザベスカラーです😅)

前もって他の予防の診察の時に分かっていたのですが、片側の精巣が正常な陰嚢の中にありませんでした。

エコーで確認してみると右の精巣がお腹の中にありました。

そこでご家族とお話しして、お腹の中の精巣は腹腔鏡で摘出することになりました。

 

なぜ腹腔鏡を勧めるか、なのですが、

 

通常の開腹による摘出の場合

腹腔鏡の場合

 

体格にもよりますが、

単純に傷の大きさが大きく違い、手術の痛みがかなり軽くなります。

出血の確認もカメラでしっかり行うため、日帰りも可能です。

 

ピースちゃんも元気にけろっとして帰っていきました。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

目から血が出たマイロちゃん

診療日誌 2020.03.17 UP DATE.

先日、目から血が出ているとのことで来院したマイロちゃんです。

 

診てみると、左目にとても大きな傷ができていました。

このままでは傷が深くなって、目がダメになってしまいます。

急いで傷を結膜で覆い、一時的に瞼を縫い付ける手術を行いました。

おうちではエリザベスカラーをつけての生活となります。

 

↓約2週間後、抜糸を行ったときの様子です。

ぼこぼこだった傷が治ってきて、目の表面がつるっと滑らかになっています。

 

↓約1か月後

傷はきれいに治りました!

 

今回のマイロちゃんは、きれいに治って元通りの生活に戻りました。

しかし、治療が遅れてしまうと失明してしまう恐れがあります。

目をしょぼしょぼしている、目やにが増えたなど少しでも気になることがあれば、ぜひご相談ください!

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

数年付き合った大きな荷物がなくなったメイちゃん

皆さんこんにちは。

獣医師の中尾です。

コロナウイルスにより、イベントの中止や一斉休校、そしてマスク・消毒薬不足など、

生活に色々支障が出ています。

物資が限られているため、出来ることが沢山ある訳ではないですが、

手洗いうがいなどからしっかり実施していきましょう。

 

メディアを通じて色々な情報が入ってきますが、

すぐに鵜呑みにせず、少し考えてみましょう。

不確かな情報を鵜呑みにして物資を買い占めたり、

余計な不安を煽ったりするのは避けたいところですね。

 

わんちゃんねこちゃんに関しては、

現段階では人にうつしたりする報告はないので安心してください。

詳細は前回のブログや日本獣医師会のHPをご確認ください。

スタッフにご気軽に質問してください。

 

ちなみに僕は手洗い・うがい・笑うの3本柱で予防しています。

笑うことは免疫維持につながると言われています。

気持ちも楽しくなってくるためおすすめです。

シニアケアセミナー参加のお礼(コロナウイルスについて追記)

 

 

今回は、右の脇腹のところに出来たでしこりをとったメイちゃんです。

数年前に出来てから徐々に大きくなっていき、

手術の時はバレーボールサイズくらいの大きさになっていました。

(あまりに大きすぎてメイちゃんは歩き方が変わっていました)

 

基本的にできものが出来た場合には、

  1. できもの(腫瘍)
  2. はれもの(炎症)

なのかを判断します。

もちろん血腫(血が溜まっていること)、膿(感染によるもの)などもあります。

 

一番確実なのは全部とってしまって、病理組織検査をすることです。

※病理組織検査とは、とったしこりの全部もしくは一部分を、

検査センターで見てもらい診断を付けてもらう検査のことです。(1〜2週間程度)

診断がつくため、どちらかはわかります。

 

ただいきなり手術は麻酔や費用の問題があるため、

よく細胞診検査と呼ばれる検査を実施します。

これは細い針でしこりをさして、

しこりの中にあるものが何か見ていく検査です。(血、膿、細胞など)

細胞が取れれば、腫瘍細胞なのか、炎症細胞なのかを見ていきます。

それを踏まえて次のステップに進んでいきます。

 

メイちゃんは、しこりが出来て1年くらい経った時に細胞診の検査をしています。

その時は脂肪腫という良性腫瘍と仮診断しています。

そのため、治療には進まず経過を追うことになりました。(オーナー様が手術を希望されませんでした。)

そこから数年が経ち、徐々にここまで大きくなってしまいました。

良性腫瘍と仮診断していますが、良性腫瘍でも大きくなることで、

歩きや座るなどの生活に支障が出ることがあります。(転移はしませんが。)

メイちゃんもしこりの重さに耐えるために左側に傾いて歩いていました。

若干呼吸にも影響が出ている様に感じました。

そのためオーナー様と相談して手術に踏み切りました。

上の写真が麻酔をかけた後に、毛刈りした状態です。

ラクダのこぶの様なものがしこりです。

無事手術で取り切りました。(肋骨の間から皮膚の下まで大きくなっていました。)

しこりは病理組織検査で脂肪腫と診断されました。

そのため基本的には手術で治療は終了です。

 

この写真は抜糸後の写真です。

今では毛もふさふさで、歩き方も正常に戻りました。

オーナー様も「もっと早く手術しとけば良かった。」とおっしゃっていたため、

手術すすめて良かったなと感じました。

 

 

 

この写真はオーナー様手作りの洋服です。

メイちゃんは、退院時に着て帰っていきました。

とても可愛くて、かつ高機能だったため、感動してしまいました。

今はネットでも買えますが、手作りも温かみを感じていいなと思いました。

 

まとめです。

しこりは良いか悪いか、そもそも何なのか検査しないと良く分かりません。

小さいから良いとは限らないため、

サイズや調子にかかわらず検査をおすすめします。

また、良性でも大きい場合はメイちゃんの様に生活の質が下がることがあるため注意です。

そして乳腺腫瘍などで良性から悪性へ変わる可能性があるため、

手術できる時に手術することをおすすめしています。(病気や高齢になって手術できないことが多々あります。)

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったレオちゃん

手術報告 2020.03.14 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったレオちゃんです。

真ん丸なお目目で緊張していましたが、よく頑張りました!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

足を火傷したぷりんちゃん

診療日誌 2020.03.11 UP DATE.

先日、足を火傷したとのことで来院したぷりんちゃんです。

前日の夜にストーブの上に飛び乗ってしまったそうです。

診てみると、両後ろ足を火傷しており、とても痛そうな様子です。

飼い主さんがすぐに冷やしてくれたおかげで、ひどい傷にはならずに済みましたが、

完治までに2週間くらいかかりました。

 

毎年寒い時期には、火傷になった子が来院します。

ストーブには近づきすぎないように周りを囲ったり、置き場所に気を付けたりしましょう。

「毎年何も起こってないし、この子は大丈夫」と油断せずに、事故対策をしましょうね!

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったジュジュちゃん

手術報告 2020.03.08 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったジュジュちゃんです。

とても怖がっていましたが、よく頑張りました!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

ウンチから虫が出てきたミクちゃん

診療日誌 2020.03.06 UP DATE.

先日、「うんちが柔らかくて、中に繊維質のもの?が混ざっている」というミクちゃん(猫)の検便をしました。

 

見てみると、便の中に白っぽい虫がにょろにょろ入っています。

 

顕微鏡で見ると、虫卵もたくさん入っていました。

すぐに駆虫薬を注射して、すべての虫が出てくるのを待っているところです。

 

元野良猫さんは、外で暮らしているときにカエルやネズミなどを食べて寄生虫に感染してしまっていることがあります。

保護した猫さんの軟便や下痢が続く場合は、おなかの中に寄生虫がいるかもしれません。

特に仔猫さんの場合、寄生虫が原因で衰弱する可能性もありますので、注意が必要です。

おうちに連れて帰ったら、一度は病院で便の検査をしてもらいましょう!

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行った又八ちゃん

手術報告 2020.03.04 UP DATE.

先日、去勢手術を行った又八ちゃんです。

まんまるな目と口元のたぷたぷがかわいいですね!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

鹿児島小動物臨床フォーラム参加してきました。

セミナー参加 2020.03.02 UP DATE.

こんにちは。

獣医師の中尾です。

 

上の写真は中尾が好きな鹿児島県の桜島の写真です。(見てるだけで元気をもらえます。)

撮影場所は桜島フェリー乗り場の近くのドルフィンポートという場所です。

桜島といえば噴火のイメージがあると思いますが、実際どのくらい噴火していると思いますか?

自分が学生の頃は噴火が盛んだったためか(日本語がおかしいかもしれません)、

年間300〜400回以上の年が数年続いた気がします。

この時は例年の倍以上噴火したらしいです。(灰が降るので大変です。)

思ったより噴火はしているので、観光に行った際は見られる(聞こえる)かもしれません。

 

さて今回は山﨑先生と共に母校鹿児島大学の学会に参加してきました。

鹿児島小動物臨床フォーラムです。

母校の先生方を含め、先輩方、同級生、後輩の発表を聞いて、勉強になると共に、

自分ももっと頑張らなければなと刺激を受けました。

 

リヴ動物病院はこれからも日々進歩していく獣医療に対応し、

飼い主様にできるだけ最良の治療が出来るよう努めていきますので、

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

本題とは関係ありませんが、これは学生の頃よく行っていた、

大好きなとんかつ屋さんの写真です。

鹿児島で一番リーズナブルに美味しく食べられると思いますので、

皆さんも機会があればぜひ行ってみてください。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

2020.04.03

    ◆お知らせ:その① 【狂犬病/フィラリア/混合ワクチン】 完全予約制:4月2日〜5月15日まで *気になる病気がない場合に限られます […]

2020.03.28

4月の臨時休診日

4月の臨時休診日のお知らせ   1日(水) 8日(水) 15日(水) 17日(金)*午後は休診となっております。ご注意ください。 22日(水) 29日(水)   […]

2020.04.01

SUBシステムを設置したママちゃん part2

そのため、時間を稼ぐ一時的な救命処置として、 体外から腎臓に直接カテーテルを挿入して尿を出す、腎瘻カテーテルの設置術を行いました。 リスクの高い状態でしたが、な […]