ブログ・お知らせ獣医師スタッフブログ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

会陰ヘルニアのカゲトラちゃん

診療日誌 2016.04.17 UP DATE.

3月の上旬にうんちがいつものように出なくなった事で来院したのは、M・ダックスフンドのカゲトラちゃんです。

お話しを聞くと、3月の頭はいつも通り過ごしていたけどうんちをする時に今まで聞いたことないような鳴き声で鳴いたそうです。

その次の日からは排便姿勢はとるけどうんちはほんの少ししか出ず、血も一緒に出るようになり、食欲もなくなったそうです。

その後血液検査、レントゲン検査、直腸検査のを行い「会陰ヘルニア」と診断しました。

会陰ヘルニアとは、お尻を覆っている膜(お尻の筋肉で構成されています)が脆弱化することによって、骨盤内や腹腔内の臓器が脱出した状態のことです。

主に5歳以上の去勢していない雄犬で発生頻度が高いと言われています。

カゲトラちゃんは13歳という高齢でしたので、数日点滴で体調を少し整えてからの外科処置となりました。

◎手術前の状態

手術前に造影剤を使用してのレントゲン検査を行うと、前立腺という部分が腹腔外に出ていることが確認されたのでその整復術も併せて行いました。

↑本当はお腹の中に位置しておかなければならない部分がお腹の外(お尻部分)に出てしまっています。

◎手術後

痛々しいですが、カゲトラちゃんも手術に耐えてくれました!!

退院時には散歩に行く時はしっぽフリフリして喜んでくれるほど体調も持ち直してくれました!

◎抜糸後の様子

表情も元気になって本当によかったです!これからもカゲちゃんをしっかりサポートしていきたいと思います。

 

また、会陰ヘルニアは男性ホルモンが関連しているものと考えられているので、雄犬では去勢がこの病気の発生率を抑えてくれるものと考えられています。

去勢をしていないワンちゃんがいたら、早めに去勢することを強くお勧めします。

リハビリテーションのセミナーに参加してきました。

セミナー参加 2016.04.15 UP DATE.

先日、「外科治療症例から高齢動物にも優しいリハビリテーションの実際」という題目のセミナーに参加してきました。

日本では、まだまだ十分な情報がなかなか得られない分野ですが、その内容を講演していただく講師は、日本で唯一リハビリテーション専門動物病院を開業なさっている長坂佳世先生でした。

初めてお会いしますが、とてもわかりやすい内容でリハビリテーションの基礎を教えていただくことができました。

  

 

このリハビリテーションの分野も今後ますます重要になってくる分野のひとつです。

今後の診療に役立てていきたいと思います。

腰部痛のパールちゃん

診療日誌 2016.04.13 UP DATE.

朝から震えていて動かないといって来院されたのはチワックスのパールちゃんです。

診察してみると、腰のあたりを触った時に痛みがあるようでした。

念のため血液検査も行いましたが、特別大きな異常はなかったため、痛み止めのお注射とレーザーを行い、安静にしてもらって、翌日また見せてもらうことにしました。

翌日、すっかり元気になりご飯も食べたという事でしたが、数日後にトリミングの予約があったので、それまでは痛み止めのお薬を飲んでもらうことにしました。

↑ トリミング後のパールちゃん

 

すっきりしてとってもかわいいですね♪♪

腰の方も痛みはなさそうでした。

ただ一度痛めてしまうとまた何かの拍子に痛みが出ることがあるので、今後も生活環境に気を付けていただきたいと思います。

軽度口腔外科処置を行ったしのちゃん

診療日誌 2016.04.09 UP DATE.

先日、軽度口腔外科処置を行ったしのちゃんの紹介です!

しのちゃんは定期的にお口の処置を行っているので、抜歯するほどひどい歯はありませんでした。

◎処置前

◎処置後

 

これからもきれいな口内環境を保つサポートをしていきたいです♪

その他のお知らせ

2019.01.17

リヴの王子様

リヴの王子様シッポサキマルマリ君にテントとハンモックをプレゼントしました。 ハンモックはなかなか使ってくれませんがテントはよく使ってくれます。 はやくハンモック […]

2019.01.11

チョークアート

久しぶりにチョークアートの教室にいってきました。 今年の干支のイノシシと日の出を書きました。 来ていた人それぞれでイノシシぼ表情がちがっておもしろかったです。 […]