ブログ・お知らせ手術報告

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

去勢手術としこりの切除、スケーリングを行ったしんべえちゃん

手術報告 2017.03.18 UP DATE.

先日去勢手術・スケーリングと皮膚のしこり取りを行ったのは、モコモコのしんべえちゃんです。

しんべえちゃんは、健康診断しっかりCコースを受けた際に、前立腺の肥大歯石の付着が見つかったため、

悪くなる前に対策をとった方が良い、ということで今回処置になりました。

麻酔をかけるなら一緒にということで、体表に2年ほど前からあるしこりも切除し、検査を行いました。

 

処置後の写真を撮り忘れたのでありませんが、歯科処置は幸い抜歯の必要な歯は無く、

スケーリングからルートプレーニング、ポリッシングまでしっかり行いました。

今後は歯周病予防をしっかり進めていきましょう!

しこりの検査も脂肪腫という脂肪細胞の良性腫瘍でした!

 

前立腺肥大は、犬では排便困難を起こしたり会陰ヘルニアの発生に関与したりと、意外に厄介な病気です。

歯石・歯周病は言わずもがなですが、放っておくと進行して、口腔周辺の異常だけではなく、全身臓器に悪影響を与えます。

健康診断を受けていただいて、異常の早期発見から処置につながりました。

結果として、処置も軽度なもので済んでいます。

やはり、ワンちゃんも健康診断が大事ですね!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったとらちゃん

手術報告 2017.03.16 UP DATE.

先日去勢手術を行ったのは、人懐っこいとらちゃんです。

ペニスを舐めて出血してしまったり、精巣があるが為の問題が起こってきたため、中年齢ではありますが、去勢手術となりました。

もともと色々気になるたちなのか、手術後も傷を気にして舐めようとする素振りが見られたので、少し大きめのカラーを付けることになりました。。

少し不便だけど、しばらくの辛抱なので頑張ってね、とらちゃん!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

破れてしまったしこりを摘出したキキちゃん

手術報告 2017.03.14 UP DATE.

先日、破れてジュクジュクし始めた腰のしこりを摘出したのは人懐っこいキキちゃんです。

IMG_5489

 

右腰のしこりが破裂してジュクジュクしていました。痛みもありそうでした。

触ってみると大きなしこりの少し前に一回り小さなしこりもありました。

IMG_5495

左腰にも破れてはいませんが大きなしこりがありました。

IMG_5488

 

しこり周りの皮膚ごと摘出を行いました。

同時に上に挙げた破れていないしこりも摘出しました。

IMG_5499

IMG_5498

 

術後は大きなトラブルもなく、傷は順調に回復しました!

しこりの痛みも無くなって、お年ながらも元気いっぱい人懐っこいキキちゃんになりました。よく頑張ってくれました!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったみいちゃん

手術報告 2017.03.12 UP DATE.

先日去勢手術を行ったみいちゃんです。怖がってお耳を下げているわけではありません。

実はみいちゃん、昨年、仔猫のうちにお耳の先が酷くただれて通院していました。

その後遺症でお耳が少し曲がってしまっているのです。

治療中の写真がありました!

お耳の保護のために包帯を頭巾のようにしてかぶってもらっていた時期がありました。

頭巾すがたがあまりに可愛いので写真を撮っていたのでした。

 

今ではすっかり立派な大人猫になりました!

 

無事に手術は終わっております。

当院にご依頼頂きありがとうございました。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったミルクちゃん

手術報告 2017.03.10 UP DATE.

先日避妊手術を受けたのは小柄なチワワのミルクちゃんです。

術前検査の採血は、最初なのでびっくりしたのか、顔に似合わず大きな声で嫌がっていましたが、

点滴の針を入れたりの処置は、目をつぶって我慢してくれていました。

小さな体でよく頑張ってくれました!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったももちゃん

手術報告 2017.03.06 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったももちゃんです。

ちょっと小柄なチビちゃん
元ノラ猫さんということで病院初めてでしたが、おりこうさんでした。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったベルちゃん

手術報告 2017.03.04 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったベルちゃんです。

マルチーズとミニチュア・ダックスのMixのベルちゃん。
とても元気いっぱいでした!

ベルちゃんは下顎の犬歯の乳歯が左右とも残っていたので抜歯の処置も同時に行いました。
乳歯の遺残は将来歯周病のリスクもあがるため、麻酔をかける避妊手術のタイミングで同時に抜歯を行うことをおすすめしています。
気づかないまま大人になる子も多いので、チェックをされたい方はお気軽にご相談ください。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術で腹腔内潜在精巣を摘出したチャックちゃん

手術報告 2017.02.28 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったチャックちゃんです。

チャックちゃんは成長過程で右側の精巣が陰嚢内に降りて来ず、腹腔内に残ったままになっていました。
通常の去勢手術は皮膚を切開後、陰嚢内から精巣を押し出して摘出しますが、腹腔内に残った精巣を取り出す際は、お腹を開けて摘出しなければなりません。しかし、腹腔内に残ったままだと精巣が腫瘍化するリスクが高いとされており、予防のために去勢をしておいたほうが良いとされています。

腹腔内潜在精巣の摘出は腹腔鏡で取り出すこともでき、より侵襲度を低くすることも可能になります。

雄を飼われていて、去勢をしていない方はチェックすることもできますのでお気軽にご相談ください。

チワックスのチャックちゃん、いつも一緒のわんちゃんたちがいなくて少しさみしそうでしたが手術と入院がんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行った天ちゃん

手術報告 2017.02.26 UP DATE.

先日去勢手術を受けたのは、体の大きな天ちゃんです。落ち着きがあります。

器用に戸を開けることができるらしく、脱走してケンカをして大怪我をしたり、近所の猫の発情に当てられてずっと鳴き続けたり、

と大変なので去勢となりました。

この間まで怪我でカラーをしていて、やっと取れたと思ったら、また手術でカラー。。

本人も大変だと思いますが、立派な男の子なのでまた頑張ってくれると思います!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

腹腔鏡下避妊手術を行ったヨンスちゃん

手術報告 2017.02.24 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったヨンスちゃんです。

フレンチブルドッグのヨンスちゃん。
腹腔鏡下での避妊手術を行うことになりました。

腹腔鏡手術はお腹を開けずに腹腔鏡という長いカメラでお腹の中をのぞきながら、長い鉗子を使って摘出するものです。
3つの小さな傷で済み、臓器が空気に極力触れないため損傷も少なく、痛みが少なく回復が早いというメリットがあります。

ヨンスちゃんも今回写真の様な3つの傷だけで済みました!

また、ヨンスちゃんは主に短頭種に多くみられる軟口蓋過長症ということが麻酔をかけた際わかりました。

写真の矢印で指している部分が軟口蓋で、気管チューブにくっつくほど垂れてしまっています。
このまま成長すると将来呼吸器障害を起こす可能性もあるため、避妊手術と同時に軟口蓋の部分切除を行いました。

次の写真が処置後です。

矢印で指している部分が短くなりました。

短頭種に限らず、呼吸するのがきつそうだったり、ぜーぜー音がしたりするときは今回の様に咽頭部のトラブルが原因の可能性もあります。
呼吸のトラブルは直接命にかかわることも多いので、気になることがあればお早めにご相談ください。

ちょっと怖がりのヨンスちゃんですが手術も頑張って、スタッフにも愛想を振りまいてくれました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術で片側鼠径部潜在精巣を摘出したレオンくん

手術報告 2017.02.20 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったレオンくんです。

レオンくんは右の精巣が成長過程で陰嚢内に降りてくることがなく、鼡径部の皮下に停留していました。
停留している場所が浅く、降りてくる手前だったため、通常の去勢手術の傷の一箇所で済みました。

潜在精巣はそのままにしておくと腫瘍化するリスクが高くなるため、早めの摘出をおすすめします。
気になることがあればいつでもご相談ください。

また、レオンくんは上顎の犬歯の乳歯が2本とも残っていたので抜歯の処置も行いました。
乳歯が抜けず永久歯が生えてくるとその部分が歯周病の原因になることがあるため、避妊手術と同時に抜歯して予防をおすすめしています。

レオンくんちょこっと大変でしたがお泊りがんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったジジくん

手術報告 2017.02.16 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったジジくんです。

ちょっと恐がりさんなジジくんでしたが手術がんばりました!
初めてのワクチンも無事に終了して良かったです。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

2018.04.22

レクチャーシリーズに参加してきました!

先日、福岡国際会議場で行われた臨床フォーラムのレクチャーシリーズ福岡に参加してきました! 講師は東京都のナガエ動物病院の長江 秀之先生で、 内容は「輸液の基本的 […]