ブログ・お知らせ手術報告

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

避妊手術を行った梅ちゃん

手術報告 2016.07.14 UP DATE.

先日、避妊手術を行った梅ちゃんです。

IMG_2059

ちょっと病院にびっくりしていた梅ちゃんでしたが、しっかり頑張ってくれておりこうさんでした!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行った小夏ちゃん

手術報告 2016.07.10 UP DATE.

先日、避妊手術を行った柴犬の小夏ちゃんです。

 

konatu

とっても愛嬌があっておりこうさんな小夏ちゃんです。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 酒井

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

重度口腔歯科処置を行ったハチちゃん

手術報告 2016.07.08 UP DATE.

先日、重度の口腔歯科処置を行ったハチちゃんです。

IMG_1816

とてもおりこうにしてくれるハチちゃん。

以前より重度の歯石がありましたが、今回口臭が気になることと歯が痛そうということで抜歯も含めた重度の口腔歯科処置を行うことになりました。

◎処置前

IMG_1818

◎処置後 IMG_1820

歯周病がひどく、抜歯する必要がある歯が合計20本ありました。
残った歯はすべて歯石の除去を行い、無事に終了しました。

今後は残った歯を保つためにアニマルウォーターでのホームデンタルケアをお勧めしました。

大変な処置となりましたが、ハチちゃん頑張りました!

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

重度口腔歯科処置を行ったチョコちゃん

手術報告 2016.07.06 UP DATE.

先日、重度口腔歯科処置として歯石除去と抜歯を行ったチョコちゃんです。

チョコちゃんは以前より重度の口腔疾患にかかり、一度歯科処置を行ったことがありましたが、
今回、根尖性歯周病から左眼下が腫れてきたため再度歯科処置を行うこととなりました。

◎処置前

IMG_8119

◎処置後

IMG_8120

原因となっている歯や今後残しておくと悪くなる歯を抜き、ほかの全ての歯の歯石除去を行いました。
歯を抜いた数は多めでしたが、チョコちゃんよく頑張りました!

歯周病は悪化すると眼の下や鼻にもつながり、膿が溜まったり穴があいたりすることがあります。
歯肉が赤くなる、お顔が腫れている、歯がグラグラして食べにくそうなど、何か気づいたことがあればいつでもご相談ください。

獣医師 木村

避妊手術を行ったあんずちゃん

手術報告 2016.07.04 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったあんずちゃんです。

あんず

とってもおりこうさんでかわいいあんずちゃん

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 酒井

皮膚腫瘤の蒸散処置を行ったクルミちゃん

手術報告 2016.07.02 UP DATE.

狂犬病の予防注射に来られたクルミちゃんです。

IMG_1725

その時に右腕のできものが最近大きくなってきて、本人も気にしているとご相談されました。

IMG_1728

確かに左腕にできものができています。ずっと舐めているといわれていましたが、その部分だけ毛が薄くなっていました。
(写真は毛を刈った後です)
2年ぐらい前からできていたのがここ2、3ヵ月で急に大きくなったそうです。

飼い主様と相談して、レーザーでの蒸散処置を行うことにしました。
レーザーでの処置は切除手術と違い、
検査に出せないので確定診断ができないというデメリットはありますが、
・局所麻酔や軽い鎮静のみで処置ができる
・日帰りが可能
・処置時間が短い
・傷口が小さい
などのメリットがあります。(もちろんできものの大きさや状態などにもよります)

IMG_1731

きれいに蒸散できました。今後も再発がないか定期的にみていきたいと思います。

獣医師 酒井

尿道に結石が詰まったガブリエルくん

手術報告 2016.06.30 UP DATE.

「1週間前から血が点々と出ていて、2−3日前に大量の血尿をして排尿回数も増えてる」とのことで来院されたのは6才半のフレンチブルドックのガブリエルくんです。

image

更にお話を詳しくお聞きすると「今日は排尿もしにくそう」とのことでしたので、尿道を含めた下腹部のレントゲン検査を実施しました。

IM-0001-1001

すると、尿道に小さな結石が沢山詰まってしまっていました。

このままでは、排尿が出来ずに急変し命に関わる状態になってしまいますので救急で処置を行うことになりました。

まずは麻酔下で尿道に詰まっている結石を膀胱に戻す処置を実施し、一時間の格闘の末なんとか全ての結石を膀胱に戻すことができました。

結石を膀胱に戻すことができれば、あとは膀胱を切開して全ての石を摘出するだけです。

一般の方には「なぜ尿道の結石をそのまま摘出しないのか?」と疑問を持たれる方がいらっしゃるのではと思いますが、
尿道は極めて繊細な場所なので結石を摘出するために尿道を切開するより膀胱を切開した方が非常に治りがよいので、
可能な限り尿道切開はしないようにしております。

IMG_1171

結果的に摘出した結石は17個となり、摘出後に結石の種類を調べた結果、シュウ酸カルシウム結石という非常に再発しやすいものでした。

結石の原因は本人の体質にあるので、手術によって緊急状態は脱しましたが、これからも同様の問題が起こってくることが予想されます。

今後は腎臓にある結石もいずれは膀胱に落ちてきますし、治療食や投薬でコントロールを試みていきます。

歯科処置を行った蓮ちゃん

手術報告 2016.06.28 UP DATE.

先日、歯科処置を行ったのはパピヨンの蓮ちゃんです。

れんちゃん

とっても懐こくておりこうさんな蓮ちゃんです。

◎処置前

れん 処置前

◎処置後

レン

写真が見にくいですが、きれいな歯になりました。

蓮ちゃんは上顎の切歯が歯周病がひどく、歯がぐらぐらしていたので4本抜歯も行いました。

今後は残された歯をきれいに保つために、アニマルウォーターとデンタルバイオでのホームデンタルケアをお勧めしました。

獣医師 酒井

去勢手術を行ったみかんちゃん

手術報告 2016.06.22 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったみかんちゃんです。

IMG_2141

みかんちゃんは両側の潜在精巣(陰睾)で精巣が陰嚢内に下降せず、鼠径部に停留してしまっていました。

IMG_2145

陰睾はそのままにしてしまうと精巣腫瘍となるリスクがあがるため、早めの去勢手術をおすすめしています。
みかんちゃんの場合、鼠径輪に挟まった形で精巣が位置していたため手術創が大きくなってしまいましたが、無事に精巣を摘出することができました。

少々大変な手術になりましたが、みかんちゃんとても頑張ってくれました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

 

子宮卵巣全摘出術を行ったモナちゃん

手術報告 2016.06.20 UP DATE.

先日、子宮卵巣全摘出で避妊手術を行ったモナちゃんです。

IMG_2117

モナちゃんは元気・食欲がなくなって便がゆるいと来院されました。
エコー検査の結果、子宮が腫れている所見や卵巣に嚢腫様の所見が見られたため、卵巣子宮疾患として抗生剤や整腸剤を投与し、体調が戻るのを待ってから手術となりました。

手術前には体調も戻り、元気いっぱいで来院してくれたモナちゃん。

ただし、摘出した子宮は充血し拡張が認められました。

 

 
軽度の歯石がみられたため、同時に歯石除去も行いました。

IMG_2120

年齢を重ねるにつれ卵巣子宮疾患になる可能性は高くなるため、将来的に子どもを産ませる予定がない場合はそのリスクを避けるためにも避妊手術をおすすめしています。詳しいお話をお聞きになりたい場合は、いつでもご相談ください。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

 

避妊手術を行ったみぃちゃん

手術報告 2016.06.16 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったみぃちゃんです。

IMG_2127

おとなしくしていてくれるおりこうさんなみぃちゃん。
2回目の病院でしたが頑張ってくれました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

 

重度口腔歯科処置と胸部腫瘤の摘出を行ったピュアちゃん

手術報告 2016.06.14 UP DATE.

先日、胸部の皮下腫瘤の摘出と、歯科処置を行ったミニチュア・ダックスのピュアちゃんです。

ピュアちゃん2

ふわふわな毛がかわいいピュアちゃん。いつも診察の時もとってもおりこうにしてくれています。今日はいつもと雰囲気が違うのでいつもより緊張しているようです。

昨年の10月頃から左側胸部に軟性の皮下腫瘤ができていましたが、ピュアちゃんがとてもこわがりさんということもあり、どんどん大きくなるようなら摘出を考えましょうとお話をして、経過観察をおこなっていました。
今回、大きさが少し大きくなったことと飼い主様のご希望もあり、手術を行うことになりました。

ピュアちゃん 腫瘤

↑ 摘出前

ピュアちゃん 腫瘤摘出後

↑ 摘出後

今回、同時に歯科処置も行いました。

ピュアちゃん 歯 処置前

↑ 処置前

ピュアちゃんは左右の後臼歯が1本ずつ割れていたので、その歯の抜歯も行いました。

ピュアちゃん 右歯 かけてる

↑ 歯が割れています。

ピュアちゃん 歯 処置後

↑ 処置後
消毒の色がついてしまっていますが、ツルツルピカピカになりました!

ピュアちゃんは2年前からアニマルウォーターを使ってのホームデンタルケアをして頂いており、全ての歯で歯周病の進行はありませんでした!
ホームデンタルケアで最も効果的なものはブラシを使った歯磨きです。
ただし、きちんと継続的に歯ブラシを出来る方が非常に少ない中、当院ではホームデンタルケアとしてアニマルウォーターとデンタルバイオをお勧めしています。
もちろん効果としては歯ブラシにはおよびませんが、日常的にできるケアとしては有効なものとしてお勧めしています。

獣医師 酒井

その他のお知らせ

2018.12.01

12月臨時休診のお知らせ

12月の臨時休診日のお知らせ 2日(日)*日曜日です。ご注意ください。 5日(水) 9日(日)*日曜日です。ご注意ください。 12日(水) 19日(水) 20日 […]

2018.10.31

11月の臨時休診のお知らせ

11月の臨時休診日のお知らせ 4日(日)*日曜日です。ご注意ください。 7日(水) 14日(水) 21日(水) 23日(金)*金曜日です。ご注意ください。    […]

2018.12.11

退職のご挨拶

お世話になります。獣医師の木村です! この度、12月16日をもちましてリヴ動物病院を離れることとなりました。 直接ご挨拶できずこのようなご報告になってしまった方 […]