ブログ・お知らせ手術報告

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

腹腔鏡下避妊手術を行ったななみちゃん

手術報告 2018.07.29 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったななみちゃんです。

ななみちゃんはなるべく負担をかけたくないと腹腔鏡の手術をお選びいただきました。

腹腔鏡についてはこちらの記事をお読みください↓

http://live-ac.com/archives/6753

初めての病院でのお泊まりでしたが頑張りました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

腹腔鏡下避妊手術を行った琥珀ちゃん

手術報告 2018.07.23 UP DATE.

先日、避妊手術を行った琥珀ちゃんです。

琥珀ちゃんは体が大きめなのでなるべく傷を小さくしたいと腹腔鏡で避妊手術をしました。

(腹腔鏡での避妊手術についてはこちらの記事をお読みください↓)

http://live-ac.com/archives/6753

 

Mix犬の琥珀ちゃん。
いつも愛嬌たっぷりで病院に来てくれます。
お泊まりもがんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったココちゃん

手術報告 2018.07.20 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったココちゃんです。

ドキドキしながらも、おとなしく良い子にしていました!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

腹腔鏡下避妊手術と鼻孔拡張・軟口蓋切除を行ったフールちゃん

手術報告 2018.07.17 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったフールちゃんです。

フレンチブルドッグは短頭種というグループになります。

このグループは鼻が短いのが特徴ですが、そのために起こってしまう病気がいくつかあります。

フールちゃんは、鼻の穴が狭い「鼻孔狭窄」と喉が狭い「軟口蓋過長症」がありました。

これらの病気は咳やいびき、ガーガーという呼吸音の原因となり、悪化すると呼吸困難や失神を引き起こします。

もともと避妊手術を希望されていたため、同時に鼻孔拡張と軟口蓋切除も行うことになりました。

 

手術後の鼻の写真です。上の写真と比べて鼻の穴が広がっています。

 

手術前の喉の写真です。気管チューブの上に軟口蓋がくっついています。

 

手術後の喉の写真です。上の写真と比べて気管チューブの上に隙間ができています。

 

いびきをかく子や呼吸が苦しそうな子。

「いつものこと」と思わずに一度診察を受けることをお勧めします。

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったマルちゃん

手術報告 2018.07.13 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったマルちゃんです。

スコティッシュのマルちゃんですが猫の入院室が大の苦手で
写真写りが少し悪いですがいつもはもっと可愛いマルちゃんです♪

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

歯科処置を行った雷ちゃん

手術報告 2018.07.10 UP DATE.

先日、歯科処置を行った雷ちゃんです。

まだ若い雷ちゃんですが特に臼歯(奥歯)に白っぽい歯石がついています。

歯肉もやや赤くなっているのでひどい歯周病を起こす前に歯科処置を行いました。

処置後は真っ白な歯になっています!

歯科処置は麻酔をかけて歯石除去や歯周ポケットの清掃、ポリッシンング、歯周縁レーザーを
組み合わせて行います。
悪い歯があれば抜歯も行います。
麻酔をかけずに中途半端にしてしまうと余計に歯周病を悪化させる恐れがあります。

歯は高齢になった時に思わぬ全身状態の悪化を招く可能性があるため
今回のように若い頃から定期的な歯科処置が推奨されています。

口臭が気になったり、歯の汚れに気づかれたり、歯肉が赤くなっていたりしないかチェックして
ぜひ一度ご相談ください。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったまめ太ちゃん

手術報告 2018.07.07 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったまめ太ちゃんです。

エキゾチックという種類でとってもチャーミングなお顔のまめ太ちゃん。
手術頑張りました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

まめ太ちゃんは、術後5日目に原因不明の皮下気腫を発症しましたが、無事に回復してくれました。


↑こちら「子にゃんこお茶会」に参加した時の「まめ太ちゃん」です。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったはなちゃん

手術報告 2018.07.01 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったはなちゃんです。

少しずつやんちゃになってきている、はなちゃん。

すくすく大きくなってくださいね!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったレオンちゃん

手術報告 2018.06.29 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったレオンちゃんです。

綺麗な毛並みのレオンちゃん、病院でもお利口さんでした!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったにゃるみちゃん

手術報告 2018.06.27 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったにゃるみちゃんです。

綺麗な色の目が印象的な、にゃるみちゃん。

手術よく頑張りました!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

腹腔鏡下避妊手術を行ったリリィちゃん

手術報告 2018.06.23 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったハスキー(ホワイト)のリリィちゃんです。

リリィちゃんは腹腔鏡という機器を使って避妊手術を行いました。

体の大きなリリィちゃんは開腹での避妊手術となると小さい犬に比べて傷が大きくなってしまいます。
今回はできる限り負担を少なくするためにお腹を開けずにお腹の中で操作して卵巣摘出手術を行う
腹腔鏡下での手術となりました。

写真のようにトロッカーと呼ばれるポートから細長い器具を挿入して行う手術方法で
挿入した細長いカメラで腹腔内の臓器を見て摘出します。

術後の傷はこの写真のように1〜1.5cm程が2箇所になります。

今回のように体の大きな犬は傷が小さくなるため小さい犬に比べて特に術後の回復が早く痛みも軽減されます。
大型犬を飼われていて避妊手術をご検討の方は腹腔鏡手術もぜひ検討の一つに入れていただけるといいと思います。

いつでもご相談ください!

いつも病院が大好きなリリィちゃん。
手術頑張りました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったコトちゃん

手術報告 2018.06.21 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったコトちゃんです。

病院ではいつも楽しそうなコトちゃんですが、手術よく頑張りましたね!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

2018.10.31

11月の臨時休診のお知らせ

11月の臨時休診日のお知らせ 4日(日)*日曜日です。ご注意ください。 7日(水) 14日(水) 21日(水) 23日(金)*金曜日です。ご注意ください。    […]

2018.11.13

三鷹の森ジブリ美術館

先日三鷹の森ジブリ美術館に行きました。 人がすごく多くてゆっくりはみれませんでしたが、ずっと憧れていたのでとても楽しかったです。 帰りにトトロのシュークリームも […]