ブログ・お知らせセミナー参加

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

学際セミナーに参加してきました!

セミナー参加 2017.05.15 UP DATE.

先日行われた学際企画のセミナー「臨床症状からみた神経疾患の診断と治療」に参加してきました。

演者は岐阜大学獣医臨床放射線学研究室 准教授の神志那 弘明先生で

内容は題の通り、診断の難しい神経疾患を、実際に出ている症状からアプローチして系統的に診断を行うための方法論と、

最近多い疾患とその最新の治療に関してでした。

神経疾患は最終診断がMRIなどの特殊検査が必要になることが多いですが、MRIは麻酔下での検査になるので、必要不必要の判断を確実に行う必要があります。

また、その場で確定診断まで至らなくても、病態を推測して迅速な対症療法や予後判定を行う必要がある場合も多いです。

上の理由から臨床獣医師を悩ませることの多い神経疾患に対して、当たりをつけられる診断方法論を今回学ぶことができました。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 山﨑

2月のレクチャーシリーズに参加してきました!

セミナー参加 2017.03.07 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われた臨床フォーラム レクチャーシリーズ福岡に参加しました!

講師は日本獣医生命科学大学教授の竹村 直行先生で
内容は「肥大型心筋症の診断・治療【後編】」です。

前回の内容に引き続き、診断の方法や薬の実際の使い方、薬のタイミングなど具体的な治療を聞くことができました。

4月から全10回、循環器をテーマにレクチャーシリーズに参加させていただき、現場にみることのある疾患ばかりで基礎的な内容から聞くことができました。
また4月から新しい内容が始まるので、積極的に参加させていただきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 木村

鹿児島小動物臨床フォーラムに参加してきました。

セミナー参加 2017.02.21 UP DATE.

先日、鹿児島大学で行われた鹿児島小動物臨床フォーラムに参加してきました。

母校での大きなセミナーなので毎年参加していますが、今年は近年赴任した若手の先生中心の講演があったり、

大学病院で夜間診療が始まった関係で救急のセミナーがあったり、刺激の多い会でした。

先輩方はもちろん、同級生や後輩が頑張っているのも聞いて、自分ももっと頑張らないといけないなと思いました!

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

日本獣医がん学会に参加してきました。

セミナー参加 2017.02.13 UP DATE.

先日大阪で行われた日本獣医がん学会に参加してきました。

IMG_5590

1日目は腫瘍診療の基礎的な部分を学ぶ総合教育講演、2日目は形質細胞腫のメインシンポジウムに参加しました。

現在、犬も猫も死因のトップはがんです。小動物診療をしている以上関わらずにはいられないものなので、しっかり学ぼうと思い、昨年獣医がん学会に入会しました。

今回大きながん学会の集まりに初めて参加しましたが、日本のがんの分野でのトップクラスの先生たちを直に見て、講演を聞くことができ、大きな刺激になりました。

 

余談ですが、会場から少し遠かったですが大阪城が見えました。

夜には串カツを食べ、少し大阪を感じてきました(笑)

 

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 山﨑

福岡県獣医師会小動物部会福岡地区部会セミナー

セミナー参加 2017.02.05 UP DATE.

先日は、獣医師会主催のセミナーに参加してきました。

講師は山口大学動物医療センターで内科系診療科を担当している馬場先生でした。

IMG_2262

血液と消化器における免疫疾患について詳しくお話していただけました。

IMG_2272

当院の診療をアップデートしていきます。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

学際セミナーに参加してきました!

セミナー参加 2017.02.03 UP DATE.

先日、博多の九州ビルで行われた学際企画のセミナーに参加してきました。IMG_5466

 

講師は公益財団法人 日本小動物医療センター理事 総合診療科消化器科科長 中島 亘先生で
内容は「猫の難治性の下痢と嘔吐に対する診断と治療の実際」でした。

初めて聞く新しいデータや下痢の鑑別として必要なポイント、検査、注意点など現場に即活かすことができる内容を聞くことができました。
下痢と嘔吐は様々な病気の症状として表れるものなので、ご相談される件数も多いです。
きちんと診察して対応できるよう今回の内容を役立てていきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 木村

1月のレクチャーシリーズ福岡に参加しました!

セミナー参加 2017.02.01 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われたレクチャーシリーズに参加してきました。

IMG_5467

講師は日本獣医生命科学大学教授 竹村直行先生で
内容は「猫の肥大型心筋症の診断と治療【前編】」でした。

最近診ることもあった猫の肥大型心筋症について基礎的な診断から最新の論文の情報まで聞くことができました。
次回の後編で治療の詳しい内容の講義もあるので合わせてしっかり役立てていきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 木村

行動学のセミナーに参加してきました!

セミナー参加 2017.01.27 UP DATE.

先日、パピー教室でお世話になっている福島先生がいらっしゃるPOSITIVE WINDさんで行われた
動物行動学のセミナーに参加させていただきました!

IMG_4691

講師は日本獣医生命科学大学、JAHA認定家庭犬しつけインストラクター 水越美奈先生で
内容は「動物行動学から見た犬・猫との楽しい暮らし方」そして「犬と猫と暮らす」という3つでした。

1日かけて行われたセミナーは飼い主さんの参加もみられました。
犬も猫も飼い主も楽しく生活するためには、行動を理解して幸せなプラスの感情で満たされる関わり方が大切だということがわかりました。
犬や猫がどうしてその行動をするのか考えて理解したうえで対応しなければ、ますます負の効果となることもあります。

今回のお話を踏まえて飼い主さんと犬や猫が楽しく暮らすためのアドバイスができるようにしていきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 木村

山口大学の総合臨床セミナーに参加してきました。

セミナー参加 2016.12.23 UP DATE.

先日、山口大学共同獣医学部付属動物医療センターで行われた総合臨床セミナーに参加してきました。

img_4733

 

講演の項目は

1.「救急診療を任された時、おさえておきたい 10TIPS」

演者は、東京都のTRVA 夜間救急動物医療センター 院長 中村 篤史 先生

2.「貯留液の細胞診」

演者は、アイデックス・ラボラトリーズ株式会社 藤森 佳寿子 先生

でした。

 

迅速な判断と処置が求められる救急診療で、よくある状態に対して素早く状況判断をするための勘所や、

見落としがちな異常について的を絞った非常に臨床的な内容と、

胸水・腹水が溜まっていてそれを検査するとなった時の検査のポイントと、迷う細胞があった時の見方・考え方、

といった内容でした。

どちらも実際の状況を思い浮かべながら聞くことができるとても臨床的な内容で、あれも使えそうこれも使えそう、

と引き出しを増やすことができました。

 

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 山﨑

青森に実習セミナーに行ってきました。

セミナー参加 2016.12.17 UP DATE.

先日、青森で三日間行われた、外科の実習セミナーに参加させていただきました。

そうです!そこは本州の北の北、青森県の十和田市であります。

初日は曇りでまずまずの気温でしたが、二日目、青森の洗礼を受けました。。

img_2960

昼の実習中は吹雪いていました。夜の道路は一面のアイスバーン。

こちらではなかなか体験できないことでした。

 

実習の内容は即実践に活かせる、非常にためになるもので、確実にスキルアップできたと思います。

また、参加者の人数が多く年齢層・キャリアも幅広いため、交流を通して視野を広げることもできました。

 

今回受けた刺激を糧に、これからまた一層精進したいと思います。

 

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 山﨑

11月の福岡レクチャーシリーズに参加してきました

セミナー参加 2016.12.11 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われた福岡レクチャーシリーズに参加させていただきました。

img_4578

講師は日本獣医生命科学大学・教授の竹村直行先生で、
内容は「僧帽弁閉鎖不全症の診断・治療【後編】」でした。

僧帽弁閉鎖不全について前・中・後編の3回セミナーがあったうちの最後でした。
今回は肺高血圧症についてで、僧帽弁閉鎖不全症に続発して起こる病態で失神などの症状を起こすこともあります。

僧帽弁閉鎖不全症は心臓を悪くする子で多いので今回の3回のセミナーで学んだことを身につけていきたいと思います。

 

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 木村

呼吸器のセミナーに参加してきました!

セミナー参加 2016.11.07 UP DATE.

福岡県獣医師会福岡地区部会主催のセミナーに参加してきました。

img_4170

今回の講師は大分県日田市のAMC末松どうぶつ病院、副院長の末松正弘先生でした。

循環器認定医であり、頸部気管虚脱に対する矯正手術を数多く手がけていることで有名な先生です。

内容は、鼻・喉・気管の上部気道疾患の呼吸や咳などの症状を見て原因を考える方法と、外科手術の術式や成績についてでした。

専門用語や言葉ではどんなものか中々分かりにくい呼吸や咳などを、実際にたくさんの動画で紹介していただき、とても頭に入りやすいセミナーでした。

呼吸器疾患の不安感はお家で見ているご家族にとって非常に大きなものだと常々感じています。

今回、呼吸器の手術後の明らかに楽になっている子の動画を見て、診療でそういった不安感をより軽くできる知識が得られたな、

と感じています。

 

獣医師 山﨑

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

attention

2017.06.22

腹腔鏡下避妊手術を行ったクッキーちゃん

先日、腹腔鏡下での避妊手術を行ったクッキーちゃんです。 腹腔鏡とは細長いカメラでお腹の中をみながら手術をする方法で、お腹を開けずに挿入用の小さな切開を入れて行い […]

attention

2017.06.20

靴下を飲み込んでしまったフールちゃん

今は元気だけど、さっき靴下を飲み込んでしまったとのことで来院されたのは、8ヶ月齢のフレンチブルドックのフールちゃんでした。 ↑何だか申し訳なさそうなフールちゃん […]

2017.06.18

去勢手術を行ったビーノちゃん

先日、去勢手術を行ったビーノちゃんです。 とても元気で、病院でも楽しそうに動き回っていました。 当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご信頼に応え、無事 […]