ブログ・お知らせセミナー参加

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

JFVSS説明会および特別セミナーに参加してきました。

セミナー参加 2017.10.17 UP DATE.

先日JFVSS(日本獣医学専門医奨学基金)が主宰する説明会とセミナーに参加してきました。

JFVSSは将来の日本の小動物獣医療を担う人材を育成する目的で設立された基金で、その内容は素晴らしいものでした。

早速スポンサーとして登録させていただきました。

詳しい内容は下記のアドレスをご覧ください。

http://www.jfvss.jp/

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

 

日本獣医麻酔外科学会/麻酔疼痛管理委員会主催の麻酔ブートキャンプ(集中高度臨床麻酔講習会)に参加してきました

セミナー参加 2017.09.11 UP DATE.

獣医師の佐藤です。長期の病院不在で大変ご迷惑をおかけしました。

僕が不在中の診療をしっかり守ってくれたスタッフと多くの患者さんたちのご協力で、予定通り麻酔の講習と実習に参加して来ることができました。


↑開催場所の酪農学園大学の入り口

さすが北海道ですね。大学の規模が大きい・・・大きすぎです!


↑大学内の動物医療センターは綺麗な建物でした。


↑セミナー室です。セミナーがない時間帯も担当症例を真剣に検討しています。

 

今回、普段から疑問に思っていたことや最新の麻酔の考え方を学ぶことができました。

今後の当院での麻酔管理を、より安全により動物に優しいものに出来るよう院内スタッフのレベルアップを目指していきたいです。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

学際セミナーに参加してきました!

セミナー参加 2017.09.03 UP DATE.

先日、国際会議場で行われた学際セミナーに参加してきました。

講師は、動物眼科センター センター長の 太田充治先生です。

演題名は、「潰瘍性角膜炎を中心とした診断の基礎から内科的・外科的治療まで」です。

潰瘍性角膜炎とは、目の表面の傷・炎症の事です。

診断方法、内科的治療の方法、外科的治療の方法について学びました。

内科的治療、つまり目薬で治療する方法が最もきれいに目を治すことができます。

そのためには、早期に治療を始めることが大事です。

目をこすったり、痛がる様子があればすぐに病院で検査しましょう。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

学際セミナーに参加してきました!

セミナー参加 2017.08.07 UP DATE.

先日、九州ビルで行われた学際セミナーに参加してきました。

講師はフジタ動物病院の藤田桂一 先生、内容は「犬猫における口臭を認める口腔歯科疾患」です。

歯周病や口内炎など、口臭を引き起こす病気の診断や治療方法について学びました。

病気が進行していくと、顎の骨が折れてしまったり、痛みでご飯が食べられなくなったりしてしまいます。

予防の為の歯磨きや早めの治療が大切ですね。

皮膚科学・行動学のセミナーに参加してきました!

セミナー参加 2017.08.03 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われた、JBVPレクチャーシリーズ ヒルズ協賛セミナーに参加してきました。

講師は、Vet Derm Tokyo 所属 日本獣医皮膚科学会認定医 江角真梨子先生と

日本ヒルズ・コルゲート株式会社 米国獣医行動学専門医 入交眞巳先生です。

演題は「犬アトピー性皮膚炎を多面的に捉える」です。

江角先生の講義では、アトピー性皮膚炎の診断と治療についての注意点を、

入交先生の講義では、行動学が関連した皮膚疾患についてを、学ぶことができました。

今後の皮膚科疾患に対する考え方が広がる講義でした。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

小動物講習会公開セミナーに参加してきました!

セミナー参加 2017.07.31 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われた小動物講習会公開セミナーに参加してきました。

講師は動物診断リサーチ株式会社の松木直章先生、演題は内分泌疾患アップデートです。

糖尿病やクッシング症候群を診断する時の注意点や、生活の質を保ちながら治療していく方法を学ぶことができました。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

肥満細胞腫の診断と治療アップデート2017 に参加してきました!

セミナー参加 2017.07.27 UP DATE.

先日行われた 肥満細胞腫の診断と治療アップデート2017 に参加してきました。

性質の悪い腫瘍でありながら、実は犬の腫瘍で乳腺腫瘍に次いで多い肥満細胞腫について、

新しい病理学的分類とその解釈、そして治療をどう考えて進めれば良いのかという内容でした。

新しい病理学的分類について勉強不足だったので、専門家から直接解釈法を聞く良い機会だったのと、

近年話題の分子標的薬「パラディア」の誤解や使い方に関して、最新の知見を知ることができました。

パラディアに関しては、いろいろな可能性を持った薬だと思っているので、ちゃんと活用していきたいです。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 山﨑

日本獣医がん学会に参加してきました!

セミナー参加 2017.07.21 UP DATE.

先日行われた第17回 日本獣医がん学会に参加してきました。

冬に引き続き、夏もがん学会に参加してきました!

冬は大阪でしたが、夏は東京でした。

今回のメインシンポジウムは消化器型リンパ腫でした。

特に高齢のわんちゃんねこちゃんで嘔吐や下痢などの消化器症状が続く慢性腸症の場合に、

低悪性度リンパ腫が可能性の一つに入ってきて頭を悩まされていたのですが、

今回の学会で診断アプローチに関して頭の中をスッキリ整理することができました。

認定医Ⅱ種講習会も受講し終わったので、頑張って勉強していこうと思います。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 山﨑

整形外科のセミナーに参加してきました

セミナー参加 2017.07.01 UP DATE.

先日、学祭企画主催の整形外科セミナーに参加してきました。

講師は日本大学の枝村先生で、整形外科の基礎的な話を解りやすく説明していただきました。

もちろん骨折は無いに越したことはないですが、今後の診療に生かしていきます。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

学際セミナーに参加してきました!

セミナー参加 2017.05.15 UP DATE.

先日行われた学際企画のセミナー「臨床症状からみた神経疾患の診断と治療」に参加してきました。

演者は岐阜大学獣医臨床放射線学研究室 准教授の神志那 弘明先生で

内容は題の通り、診断の難しい神経疾患を、実際に出ている症状からアプローチして系統的に診断を行うための方法論と、

最近多い疾患とその最新の治療に関してでした。

神経疾患は最終診断がMRIなどの特殊検査が必要になることが多いですが、MRIは麻酔下での検査になるので、必要不必要の判断を確実に行う必要があります。

また、その場で確定診断まで至らなくても、病態を推測して迅速な対症療法や予後判定を行う必要がある場合も多いです。

上の理由から臨床獣医師を悩ませることの多い神経疾患に対して、当たりをつけられる診断方法論を今回学ぶことができました。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 山﨑

2月のレクチャーシリーズに参加してきました!

セミナー参加 2017.03.07 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われた臨床フォーラム レクチャーシリーズ福岡に参加しました!

講師は日本獣医生命科学大学教授の竹村 直行先生で
内容は「肥大型心筋症の診断・治療【後編】」です。

前回の内容に引き続き、診断の方法や薬の実際の使い方、薬のタイミングなど具体的な治療を聞くことができました。

4月から全10回、循環器をテーマにレクチャーシリーズに参加させていただき、現場にみることのある疾患ばかりで基礎的な内容から聞くことができました。
また4月から新しい内容が始まるので、積極的に参加させていただきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

獣医師 木村

鹿児島小動物臨床フォーラムに参加してきました。

セミナー参加 2017.02.21 UP DATE.

先日、鹿児島大学で行われた鹿児島小動物臨床フォーラムに参加してきました。

母校での大きなセミナーなので毎年参加していますが、今年は近年赴任した若手の先生中心の講演があったり、

大学病院で夜間診療が始まった関係で救急のセミナーがあったり、刺激の多い会でした。

先輩方はもちろん、同級生や後輩が頑張っているのも聞いて、自分ももっと頑張らないといけないなと思いました!

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

2017.10.16

避妊手術を行ったゆきちゃん

先日、避妊手術を行ったゆきちゃんです。 手術前は少し緊張していましたが、術後は元気いっぱいでした!   当院にご依頼いただきありがとうございました。 […]

2017.10.15

北九州の菅生の滝に行きました。マイナスイオンいっぱいで癒されました。