ブログ・お知らせセミナー参加

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

JBVPの九州地区大会に参加してきました!

セミナー参加 2018.04.30 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われたJBVPの九州地区大会に参加してきました!

獣医師だけでなく看護師向けのセミナーもあり、当院の獣医師も看護師も参加してきました!

 

複数の講義が多会場で同時進行で行われましたが、今回のメインテーマが救急であり、

的確に救急疾患を見抜き、早急に処置ができるための知識を蓄えることができました。

 

救急疾患は頭に入っていることがその場ですぐに実行できなければならず、

そのためにはまず、「こういう状況があるよ」とか「こうするんだよ」ということを知っておかなければならないので、

今回、それぞれの救急の前線にいる講師の話を聞くことができたのは非常にためになったと思います。

 

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

ロイヤルカナンさんのセミナーに参加しました!

セミナー参加 2018.04.26 UP DATE.

先日、博多で行われたロイヤルカナンさん主催のセミナーに参加してきました!

内容は、「周術期の栄養管理・補液輸液管理」で、

講師は酪農学園大学の佐野忠士先生
北海道大学の石塚友人先生
赤坂動物病院の石田卓夫先生 の三人の先生方のお話でした。

周術期(手術前後)の栄養管理について新しいフードのお話や従来の考え方とは違った栄養管理で良い効果があることなど
新しいお話も聞くことができました。

フード業界も新しいものが出てくるので情報収集をしっかり行い、現場に還元できるよう活かしていきたいと思います!

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

レクチャーシリーズに参加してきました!

セミナー参加 2018.04.22 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われた臨床フォーラムのレクチャーシリーズ福岡に参加してきました!

講師は東京都のナガエ動物病院の長江 秀之先生で、
内容は「輸液の基本的な考え方と輸液剤について」でした。

 

輸液は治療の要の一つですが、実際にどのような輸液をどういう使い方で、という講義は実は滅多になく、

状況と検査値から経験的に使われていることが多いのです。

今回、輸液の基本的な理論から主要な輸液剤の特性、実践法までしっかりと理解しながら聞くことができました。

当院の輸液治療も一段パワーアップができると思います!

 

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

学際セミナーに参加しました!

セミナー参加 2018.03.17 UP DATE.

先日、福岡朝日ビルで行われた学際企画のセミナーに参加しました!

講師は日本獣医生命科学大学の余戸先生で
内容は「一次診療で役立つ 眼科の内科治療とマイナーサージェリー」

でした。

眼科疾患を症状別に取り上げて診断から治療までお話を聞けました。
眼科は専門性が高く、しっかり勉強しておかないと診断治療までいけないなと感じることが多いので
今回全般的なお話を聞くことができてよかったです。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

INTERZOO ACADEMYの整形外科のセミナーに参加してきました。

セミナー参加 2018.03.03 UP DATE.

先日、大阪で行われたINTERZOO ACADEMY主催の獣医整形外科のセミナー

「触診と単純X線検査の間を埋める運動器超音波検査のポテンシャル!」

に参加してきました。

講師は東京大学付属動物医療センター 整形外科・神経外科の本阿彌 宗紀先生でした。

内容は、犬の整形外科疾患の考え方とそこへの運動器超音波検査の実際の実施方法についてでした。

運動器超音波検査は人医領域では比較的一般的に実施されていますが、

獣医領域では現在はまだ広まっておらず、臨床応用が進められている検査になります。

 

今までは、触診・視診を行って、骨・関節が悪そう、となったらまず単純レントゲン検査でした。

しかし、関節や軟骨、靭帯の状態に対しては、

起きていて動く動物では評価可能なしっかりとしたレントゲン写真の撮影が難しく、

また単純レントゲンでは評価できない部分も多いのが実際です。

状況によっては、鎮静下あるいは麻酔下でのレントゲン、CT・MRI、関節鏡検査などが必要でしたが、

動物への負担や検査施設が限られるなど障壁のある検査になります。

 

そこで、一般動物病院でも普及が進んだ超音波検査装置を使って、

今まで単純レントゲンでは評価できなかった部分を、まず動物に負担をかけずにある程度評価できるようにしよう!

ということです。

 

セミナーを受けて、運動器超音波検査は可能性の大きな検査だと感じました。

慣れるのと評価できるようになるのは少し練習が必要だと思いますが、おそらく一般的に実施されるようになるはずです。

当院でも研究をしていこうと思います。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

Team HOPE主催第6回動物看護士セミナーを開催しました。

セミナー参加 2018.01.25 UP DATE.

先日の日曜日に、本年初となるTeam HOPE主宰の第6回動物看護士セミナーを開催しました。

福岡県内外の動物病院で勤務されている動物看護士の方々から、今回も90名以上の参加を頂き、皆さんがんばって受講していました。

この活動が地域の動物看護士たちのスキルアップに繋がり、その結果ペット達が健康でいられるように、今後も続けていく予定となっています。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

第8回HJS年次大会2018に参加して来ました

セミナー参加 2018.01.21 UP DATE.

今月の17−18日で東京で開催されたHJSの年次大会に参加してきました。

今回のテーマは「時間軸で捉える外科病態生理」という切り口で、聞く機会が少い内容にとてもワクワクしながらの参加でした。

さすがに二日間の約16時間にわたるセミナーは疲れましたが、どれも今後の診療に生かせるすばらしい内容でした。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

レクチャーシリーズに行ってきました。

セミナー参加 2017.12.31 UP DATE.

先日、福岡国際会議場で行われた臨床フォーラムのレクチャーシリーズ福岡に参加してきました!

講師は日本獣医生命科学大学の神野信夫先生で、
内容は「麻酔前投薬 注射麻酔薬 維持麻酔薬」でした。

麻酔について最近いろいろな方の講演を聞く機会があり、それぞれの組み合わせの内容や最近の知見など参考にさせていただく部分が多くあるので、
取り入れていくところを見極めていきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

麻酔外科学会に参加してきました!

セミナー参加 2017.12.29 UP DATE.

先日、愛知県名古屋市の名古屋国際会議場で行われた麻酔外科学会・循環器学会合同学会に参加させていただきました!

2日間の出張で日本の獣医療の最先端を走る先生方の講習をお聞きして
外科や麻酔の分野において日常の診療に直結する部分や様々な外科の内容を学ぶことができました。

とても興味深いお話ばかりで3人の先生がパネルディスカッション形式でいろんな意見を言われているのを聞けたりと
学会ならではの講義もあり参加できてよかったです!!

麻酔の分野は特に日常に関わり、日々アップデートされていく分野なので今回の情報をしっかり還元していきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

学際セミナーに行ってきました

セミナー参加 2017.12.27 UP DATE.

先日、大阪で行われた学際セミナーに行ってきました。

講師は、酪農学園大学附属動物医療センター 准教授の佐野 忠士 先生と、TRVA夜間救急動物医療センター センター長の中村 篤史 先生です。

心肺蘇生法についての講義と、訓練用マネキン(犬)を使った実習を受けました。

 

まずは心肺蘇生法の一連の流れについて講義を受けます。

最新の情報をわかりやすく丁寧に教えていただきました。

獣医師だけでなく、動物看護師も参加しています。

 

中央に写っているものが犬のマネキンです。

このマネキンを使って心臓マッサージの練習を行います。

パソコンの画面には、心臓マッサージの強さや速さが適切かどうかを点数化して表示されています。

 

そして、いざ実践!

実際にやってみると、想像以上に体力を使うことや丁度いい強さや速さを維持するのが難しいことを感じました。

 

緊急の子が来ることは多くはないですが、だからこそ、いざという時のために病院全体で備えておくことが重要ですね。

 

 

 

獣医脳神経脊椎外科研究会の年次講演会に参加してきました

セミナー参加 2017.12.25 UP DATE.

先日、初参加となる獣医脳神経脊椎外科研究会が主催する年次講演会に参加してきました。

この研究会は脳外科や脊椎外科のスペシャリストが集まる研究会で、当院では思いも寄らないほどの繊細な外科の症例の話を聞くことができました。

現状、脳外科を必要とする動物たちは少ないかもしれませんが、必要な知識を吸収し一次診療を担う動物病院として何が出来るか検討を続けていきたいと思います。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

HJS整形内科2!2017に参加してきました

セミナー参加 2017.12.13 UP DATE.

先日、東京で開催されたHJS主催の「整形内科2」に参加してきました。

今回は、運動器疾患のプライマリー診療についてという題目で、整形疾患で活躍されている先生方の話を聞くことができました。

特に整形外科と整形内科の分野をしっかりと見極め適切に対処することが、動物たちの快適な生活につながるのだと改めて感じられる内容で、今後の診療に活かしていきたいと思います。

その他のお知らせ