診療

病気やけがは、思いがけないタイミングで突然起こります。
ゆっくり慌てずに、まずは落ち着いてこちらをご覧ください。

当院の診療内容のご案内

当院では、下記の診療科目に診察・診療・治療を行っています。
記載のない診療等についても、動物の医療のことでしたら何でもご相談ください。

診療科目
外科全般(軟部外科、整形外科、神経外科)
麻酔科、総合診療科、皮膚科、耳鼻科、腫瘍科、
眼科、歯科、呼吸器科、泌尿器科、消化器科、内分泌科
提携医療機関
福岡夜間救急動物病院獣医教育・先端技術研究所

外部医療機関との提携

  • 専門医による診断治療が必要の場合、スペシャリストの先生方に治療、アドバイスを受ける事ができます。
  • 一部高度医療(放射線治療など)については、高度医療センター、大学病院等専門機関をご紹介することも可能です。

来院時のお願い

人とわんちゃん

初診の方へ

問診票をダウンロードしていただき、ご記入の上持参していただくことで
待ち時間を短縮できスムーズに受診できます。

当院のスタッフには丁寧な診察を指導しております。
それゆえに多くの場合初めての診察には時間が長くかかることが予想されますので、
時間の余裕を持ってご来院いただくことをお勧めします。

カルテ作成にお時間をいただく都合上、順番が前後する場合があります。ご了承ください。

ご来院の際に以下の情報があると助かります。

  • 一番最近の予防接種証明書
  • いつも食べているフード名
  • 他院様での治療歴や検査歴がある場合には、その内容が分かるもの
  • 生年月日の分かるもの
  • 紹介者様のお名前

問診表PDFを右記より開いていただき、印刷してお持ちください。
事前に問診表にご入力頂きお持ち頂くと当日の受付手続が大変スムーズです。
お時間を気にされる方、ゆっくり書きたい、という方は是非ご利用ください。

犬用問診票ダウンロード 猫用問診票ダウンロード

来院されるすべての方へ

当院は、受付表にご記入いただいた順番とおりにご対応させていただいております。
診療・診察のみではなく、入院中の面会やフードの受け取り等の場合も同様に記入をお願いします。

問診票もご用意いたしました。

ご自宅でゆっくり経過を書きたい/言葉で説明するよりも書いた方が「言い忘れ」を防げる/代理の人に連れて行ってもらう という飼い主様で必要な際は下記からダウンロードし、是非ご利用ください。

問診票記入例
  • 痒みがつづいているようでボリボリ掻いています。夜に特に痒がります。
  • 診療後とっても元気になりました!前回購入したご飯を3缶ください。
  • 昨日夕方4時に嘔吐→夜8時に2回目嘔吐
  • 今朝6時から3回下痢。食べない・元気がない
  • フィラリアのお薬2か月分とノミダニ薬3か月分

問診表PDFを右記より開いていただき、印刷してお持ちください。
事前に問診表にご入力頂きお持ち頂くと当日の受付手続が大変スムーズです。
お時間を気にされる方、ゆっくり書きたい、という方は是非ご利用ください。

犬用問診票ダウンロード 猫用問診票ダウンロード

診察についての注意事項

  • 犬はキャリーバックに入れるか、首輪もしくはハーネスにリードをつけてください。
    猫はキャリーバックに入れるか、大き目の洗濯ネットに入れると良いでしょう。
  • 当院では、ペットたちの管理はオーナーの方にお願いしております。
    思わぬ事故を防ぐために、院内ではリード等を短くお持ちになり、不用意にペットたちを接触させないようお気をつけください。
  • 病気には、ウンチやオシッコから移る病気もあります。
    みなさまの動物たちの安全のためにできるだけ排便排尿は済ませ、来院中にウンチをしてしまった場合は、必ず拾ってください。ウンチ袋をお持ちで無い場合は、病院にて差し上げます。
    万が一、院内で排泄した場合は、触らずにスタッフにお申し付けください。
  • ペットたちは自身で話すことができません。
    ペットの詳しい症状、日頃の生活スタイル、健康状態などオーナー様から詳細をお聞きしますので、
    普段から接している方がお連れください。
  • どうしても普段接している方が連れてこれない場合は、
    症状や経過が分かるもの(メモ、写真、動画など)をお持ちいただけると参考になります。
  • 下痢や嘔吐、血尿などの症状がある場合は、出たものをご持参ください。
  • 歩き方がおかしい、けいれん発作、咳などの症状が見られる場合は、動画を撮影していただきお持ち頂けると参考になります。

セカンドオピニオンについて

全てのオーナー様に納得できる診療を受けていただくために、
他院様で診察を受けているオーナー様を対象にセカンドオピニオン外来を受け付けております。

お持ちいただくと助かるもの

  • ご記入された初診用問診票
  • 紹介者様のお名前
  • 一番最近の予防接種証明書
  • 他院様での治療歴や検査歴の内容が分かるもの
  • 生年月日の分かるもの
  • 症状や経過が分かるもの(メモ、写真、動画など)
  • いつも食べているフード名
  • 異常があれば便や尿。
費用
1時間 / 5,000円
  • 当院のセカンドオピニオン対応への考え

    オーナー様からのお話をしっかりお聞きし、お気持ちをきちんとご確認した上で、
    専門家としてのアドバイスを差し上げたいと考えており、セカンドオピニオンはご予約された方のみお受けしております。

  • 当院の獣医師が他院様の検査を客観的な見解で回答します。

    転院ではなくセカンドオピニオンをご希望の場合は、基本的に当院では追加検査は行わず、他院様からお持ちいただいた診察内容や検査のデータ、薬の処方箋などの資料と診療後の経過を元に当院の獣医師が見解を提供します。検査をご希望の場合は、お尋ねください。

夜間診療について

夜間診療について

原則として夜間の時間外診療はおこなっておりません。
午後9時〜午前5時の夜間対応は「福岡夜間救急動物病院」をご利用ください。

※当院は提携病院であり、状況によって一部診察料免除などの特典もございます。
詳細は当院スタッフもしくは夜間病院スタッフにご確認ください

当院では、過去一年間に当院の診察を受けられた患者さまに限り、
診察外時間や休診日の救急対応をお受けできる場合がございます。
ご希望の場合は、その都度お電話にてご確認ください。

時間外・休診日診療に関しましては、
時間や診療内容に応じた夜間・休診日診察料を加算させて頂いております。

福岡夜間救急動物病院 ホームページ

急患の場合

急患の場合は、ご遠慮なくお電話等・ご来院時にお伝えください。
事前にお電話いただきますと、病状に備え準備を速やかに行うことが出来ます。ご協力の程よろしくお願いいたします。
来院の際はくれぐれもお気をつけてお越しください。

急患時にお待ち頂いている患者様へ

急患発生時は、命を助けるために順番が前後することがあります。
他のオーナー様にはお待たせして申し訳ありませんが、ご理解とご協力をお願いいたします。

予約診療について

当院では12時から16時までの時間帯に限り、予約診療も行っております。

「うちの子は他の犬猫が苦手」や「待ち時間が短くないと困る」や「昼間の間しか連れてこれない」などの場合にご利用ください。ただし、ご希望の時間に予約が取れないケースもございます。

ご希望の時間帯があればお早めにお電話にてご予約(7日前からご予約が可能)をお願いいたします。

往診について

往診について

12時から16時まで、往診の予約を受け付けております。

ご希望の時間帯があればお早めにご予約のお電話をお願いします。
(7日前からご予約が可能)
ただし、ご希望の時間に往診の予約が取れないケースもございます。

また、往診では対応できない医療もございます。
事前にお電話にてお尋ねください。