ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

腫瘤の切除とスケーリングを行ったビルバンテちゃん

手術報告 2016.12.02 UP DATE.

先日、腫瘤の切除とスケーリングを行った、イタリアングレイハウンドのビルバンテちゃんです。

img_4422

お耳のチェックで来院した際に、少し前から顔にできものができている、というお話がありました。

img_4317

確かにプクッと出来物が確認できました。やや硬く、表面が少し赤みを帯びていました。

2週間ほどで徐々に大きくなっているかも…とのこと。

ビルバンテちゃんも8歳を越えています。腫瘍が心配な年齢です。

細胞の検査をしたいのですが、目に近く覚醒下ではなかなか安全に細胞を採取できなさそうでした。

そこで鎮静下での検査をご提案させていただいたところ、スケーリングもしたいと思っていた、とのことだったので、

全身麻酔下で腫瘤の切除生検とスケーリングを連続して行うことにしました。

img_4426

腫瘍の可能性もあるためある程度余裕を持って切除しました。

腫瘤は病理検査に送って、腫瘍なのかそうではないのか?、良性か悪性か?の判断をつけることになっています。

img_4424

歯の方もしっかりキレイにしています。

 

しこりは、院内で見た限りでは悪くはなさそうでしたが、後は検査結果を待つのみです。

人が大好きなビルバンテちゃん、半日入院をよく耐えてくれました!

 

PS:病理検査の診断結果は、皮内角化上皮腫とのことでした。毛穴の細胞の良性腫瘍でしっかり取りきれていました。一安心です。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

attention

2017.05.24

歯科処置を行ったテトちゃん

先日、歯科処置とおでき取りを行ったのは元気いっぱいで人懐こいテトちゃんです。 お家で歯をみていて、前歯がぐらついている気がするので、歯科処置が必要か見て欲しいと […]

attention

2017.05.20

皮膚の腫瘤を切除したタロウちゃん

先日、皮膚の腫瘤を切除したタロウちゃんです。 すごくおとなしくてお利口な子ですが、散歩中は大型犬に向かっていったりする根は気が強い子だそうです。病院で発揮されな […]

attention

2017.05.18

脾臓の腫瘤を切除したチョコちゃん

肩関節の不安定症や慢性肝臓胆嚢障害の治療で通っているミニチュアダックスのチョコちゃんも、もうすぐ10才です。 今回は定期検診のために腹部のエコー検査を実施しまし […]

2017.05.16

前十字靭帯が断裂したシドちゃん

「数日前から左足を上げて歩く」とのことで来院したのはパピヨンのシドちゃん12才でした。 早速、触診をしてみると左側の膝関節が重度に腫大していました。 シドちゃん […]