ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

尿道結石から重度腎不全を起こしていたレオ君

手術報告 2016.12.30 UP DATE.

「尿道の手術は可能ですか?」と相談に来られたのは、ドーベルマンのレオ君のお父さんでした。

お話をお聞きすると、尿道に石が詰まってしまい重度の腎不全にもなって生死をさまよったが、なんとか尿道に管を通して家で補液をしていたら元気になってきたので、なんとか治してあげたいとのことでした。

img_3355
↑尿道に通してあったカテーテル

状態の把握のために各種検査をしたところ、

abdomen-lat-dog-f20
↑膀胱と尿道に大きな結石が複数個あり、基本的には手術適応でしたが、腎機能障害(BUN107.8、CRE2.2)が残存しており、今後の予後が不透明だったため、いっとき内科で腎臓の経過を確認してから手術をする予定にしました。

img_0187

その後、尿路感染から精巣炎や膝関節炎を併発して状態安定に苦労しましたが、当院で治療開始後17日目に手術を行いました。手術内容は、尿道内の結石の除去が困難であったため、できる限り負担が軽い方法を選択し、去勢、陰嚢切除および会陰尿道瘻形成術を実施しました。

レオ君は身体が大きいので当初の術後管理は大変でしたが性格が非常に良くてお利口さんだったので、治療は概ね良好に進めることができ、一度傷口を再縫合しましたが、治癒することができました。

img_4084
↑術後の尿道開口部

img_4088

今後も腎不全の管理や尿石の管理が必要ですが、レオ君少しでも長く元気に過ごしてくださいね。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

担当:獣医師

佐藤 誠剛

開院以来、安心して通っていただけるよう、ペットと飼い主様に寄り添った親身な医療を心がけてまいりました。これからも「家族の一員であるペットたちを病気から守り一日でも長く元気で健康に暮らしていけるように」を信条に、真心を込めた診療に携わってまいります。
「共に過ごす毎日はかけがえのない時間 」大切なペットたちの生涯は、私たちの人生の時間の中で限られた時間です。私たちは、共に生きてお互いが喜びを感じる日々を常に願っております。 (リヴ動物病院の「Live」の由来も同じ意味を持ち、思いを込めて名付けました )

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

attention

2017.06.26

トウモロコシを盗み喰いしてしまったもこ君

「二回嘔吐した。そういえば一昨日トウモロコシを芯ごと盗み食いしていた。」とのことで来院したのは、11才のミニチュアシュナウザーのもこ君でした。 早速エコー検査を […]

attention

2017.06.22

腹腔鏡下避妊手術を行ったクッキーちゃん

先日、腹腔鏡下での避妊手術を行ったクッキーちゃんです。 腹腔鏡とは細長いカメラでお腹の中をみながら手術をする方法で、お腹を開けずに挿入用の小さな切開を入れて行い […]