ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

足を怪我したミミちゃん

診療ブログ 2017.01.26 UP DATE.

庭でキャンッと吠えたので行ってみたら、足から出血していました、と慌てて駆け込んで来られたのはミックス犬のミミちゃんです。

img_4920

なんでも、お手製の庭の扉の留め具が強風で外れて庭に脱走してしまい、一通り遊んだ後に留め具が足に刺さってしまったようだ、とのことです。

来院時は出血は落ち着いていましたが、右後肢には血の跡が残っており、痛くて暴れたのか体の所々に擦り傷ができていました。

img_4917

img_4918

右後肢は皮膚が逆L字に裂け、皮膚より下の筋肉や骨などの組織にまで達していそうな傷でした。

来院時の段階で受傷後1時間も経っていないとのことと傷の深さから、早急に傷の洗浄と閉創が必要だと考えられ、麻酔下での処置をお勧めしました。

処置は注射麻酔下で行いました。

傷が骨に達するほど深かったことと砂が入っていたことから、入念な洗浄を行い縫合しました。

img_4922

写真は術後1日目の傷です。

包帯を巻いていましたが、ちゃんと足をついて歩いている、とのこと!

術後数時間は腫れていたので、痛みや腫れが続かないか心配でしたが、大丈夫なようで一安心でした。

今後、感染や痛み・運動機能の障害に注意して経過を見ていこうと思います。

 

PS:後日トラブルなく経過し、抜糸が済みました!

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

attention

2017.06.22

腹腔鏡下避妊手術を行ったクッキーちゃん

先日、腹腔鏡下での避妊手術を行ったクッキーちゃんです。 腹腔鏡とは細長いカメラでお腹の中をみながら手術をする方法で、お腹を開けずに挿入用の小さな切開を入れて行い […]

attention

2017.06.20

靴下を飲み込んでしまったフールちゃん

今は元気だけど、さっき靴下を飲み込んでしまったとのことで来院されたのは、8ヶ月齢のフレンチブルドックのフールちゃんでした。 ↑何だか申し訳なさそうなフールちゃん […]

2017.06.18

去勢手術を行ったビーノちゃん

先日、去勢手術を行ったビーノちゃんです。 とても元気で、病院でも楽しそうに動き回っていました。 当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご信頼に応え、無事 […]