ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

できものから出血したチャオちゃん

診療ブログ 2017.02.22 UP DATE.

先日、数年前からあったしこりから血が出てきた、と来院されたのはシュナウザーのチャオちゃんです。

IMG_5364

前夜にお散歩に出て帰ってきたところで出血に気づいたとのこと。

散歩中に何かにぶつけたり、引っ掛けたりしたのでしょうか。

 

◎処置前

IMG_5362

7〜8mmのしこりに血が滲んでいます。最初はもっと出血していたとのこと。

しこりの出血はなかなか良くならずジュクジュクが続くことが多いです。

早めに出血点をなんとかしなければいけません。

そこで飼い主様と手術等の治療法を説明して話し合い、結果レーザー蒸散処置を行うことになりました。

 

◎処置後

IMG_5363

チャオちゃんはおとなしい性格だったので、局所麻酔のみで処置を行うことができました。

局所麻酔の注射をしっかり効かせることで、処置の痛みはかなり軽減されます。

おかげで、局所麻酔の注射は少し嫌がりましたが、蒸散処置はほとんど嫌がりませんでした。

 

◎処置後1週間

IMG_5457

◎処置後2週間

IMG_5587

処置直後はおできが焼けただけ、のように見えますが、時間の経過とともにしこりのあとが小さくなっています。

早い段階でかさぶたを被ってくれたので、ジュクジュクもしませんでした。

もう少しでかさぶたが取れ、少しあとは残るかもしれませんが、キレイになってくれるはずです。

しっかり経過を見ていこうと思います。

 

レーザー蒸散処置のメリットとしては、
・全身麻酔をかけなくて良い
・日帰り処置が可能

デメリットとしては

・しばらく少しジュクジュクすることがある
・検査に出せないので確定診断ができない

という点があります。

できものの大きさや場所の問題、また、切除が必要な腫瘍のこともあるため、

適応かどうかは獣医師による判断が必要ですが、ちょっとしたおできであれば体に負担の少ないレーザーでの蒸散処置も可能です。

特に高齢で全身麻酔に不安のある子で選択されることが多いです。

半導体レーザーに関して→ http://live-ac.com/examination

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2017.08.16

慢性皮膚炎のチョコちゃん

お引越しに伴って、当院に来られたお利口なチョコちゃんのお話です。 4、5年前から皮膚が悪く、治療を続けてきたというチョコちゃん。 先に発作症状で来院されて、特発 […]

attention

2017.08.14

直腸脱を起こしてしまった大吉君

「お尻の穴から出血する」とのことでご紹介いただいたのは、ミニチュアダックスの大吉君です。 早速診察をしたところ直腸内に腫瘤病変が触知されたため、大腸カメラにて検 […]

2017.08.03

院長不在のお知らせ

当院をご利用の皆様へ いつもリヴをご愛顧下さりありがとうございます。 下記の期間において院長が不在となります。 (不在期間が7日間となりますので、来院予定がある […]