ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

最近多いです!尿石症のリコちゃん

診療ブログ 2017.02.08 UP DATE.

先日、何度もトイレに行っておしっこが出ていないかもしれない…ということで来られたのは猫(mix)のリコちゃん(去勢済)です。

ピンクのお鼻がかわいくて、人懐っこいリコちゃん!

おしっこが出ていないかもしれない状況は早急に処置をしてあげないといけない事があるため、まずは本当におしっこが出ていないかを触診やエコーを使用して診てみました。
お腹を触ってみても、膀胱がパンパンに膨れて硬くなってしまっているような状態ではなく、エコーで確認しても尿は溜まっていませんでした。

この時点で、何度もトイレに行ってちょっとずつおしっこを出しているという事になるので「頻尿感がある」という事になります。

この日はお預かりして、おしっこが溜まった時点で「尿検査」を行い、その他には血液検査で腎臓に負担がかかっていないかを検査しました。

血液検査では大きな異常はなく、尿検査の結果は「ストルバイト」という尿石が見つかりました。

採取した尿は血尿で、目に見えて真っ赤でした。

この尿石は、食事により尿のpHをコントロールすることで溶解することができるので、食事療法がメインとなります。

今回はこの尿石が尿道を塞ぐまではいっていませんでしたが、今後も注意しておかないと尿路閉塞を起こしてしまう可能性があります。
特にリコちゃんのお家は犬・猫を多頭飼いされているので、管理が難しいとは思いますがしっかり食事を分けて他の子のご飯を食べないようにしないといけません。

管理が大変ですけど、頑張りましょう!!

また、尿石になってしまう猫さんたちに多いのが「肥満」です。当院に、尿石関連で来院される猫さん達は痩せる目的も治療の一環に入ってきます。
コロコロふわふわしててかわいい見た目ですが、命を脅かしてしまう可能性があるので理想体重を維持するように努めるのも予防になります!

今後もリコちゃんは経過をしっかりと診ていきます。

 

獣医師 平湯

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2017.08.16

慢性皮膚炎のチョコちゃん

お引越しに伴って、当院に来られたお利口なチョコちゃんのお話です。 4、5年前から皮膚が悪く、治療を続けてきたというチョコちゃん。 先に発作症状で来院されて、特発 […]

attention

2017.08.14

直腸脱を起こしてしまった大吉君

「お尻の穴から出血する」とのことでご紹介いただいたのは、ミニチュアダックスの大吉君です。 早速診察をしたところ直腸内に腫瘤病変が触知されたため、大腸カメラにて検 […]

2017.08.03

院長不在のお知らせ

当院をご利用の皆様へ いつもリヴをご愛顧下さりありがとうございます。 下記の期間において院長が不在となります。 (不在期間が7日間となりますので、来院予定がある […]