ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

急に目が見えなくなったちゃちゃ丸ちゃん

診療ブログ 2018.04.08 UP DATE.

先日、朝から急に目の膜が出てきてフラフラしている、と来院したのは、

12月にお家に迎えたばかりの小柄な猫のちゃちゃ丸ちゃんです。

(改善してからの写真です。)

 

前日まで普通にしていて朝起きたら、とのことでした。

実際に診てみると、確かに両側の瞬膜が飛び出ていて、視力も低下しているようでした。

動き方も、せわしなく動いていて、なんだか左に大きくグルグル回る感じがありました。

と思ったら、止まってぼーっとしていたり、と意識レベルの低下を疑わせる様子があったり、

単純に目の問題だけではないような行動でした。

 

代謝性疾患、神経疾患も疑われたので、血液検査と神経学的検査を行いました。

血液検査では高グロブリン血症が確認されました。FIV/FeLVはともに陰性でした。

高グロブリン血症は慢性の炎症や感染症、腫瘍などがあると生じます。

神経学的検査では、両側の視力の喪失と後肢の姿勢反応の低下が確認されました。

やはり中枢神経の異常を疑わせるような所見です。

追加検査としてMRI検査が必要であると判断しました。

 

MRI検査に行っていただいた結果、

側脳室の拡張、つまり水頭症が確認されました。

また、一部に炎症像が確認されたことから、

脳室系の炎症に伴って、脳脊髄液の流れが悪くなり、側脳室の水が溜まりすぎて水頭症に至る

「非交通性水頭症」病態が疑われました。

若齢の猫では、猫伝染性腹膜炎(FIP)ウイルスによって起こりやすい病態です。

 

ちゃちゃ丸ちゃんもその後検査を行いましたが、FIPウイルスの元になる猫コロナウイルスは陰性でした。

水頭症があることが分かったので、利尿剤を開始したところ、ちゃちゃ丸ちゃんはみるみる元気になりました。

 

脳室の炎症の原因が特定できていないので、まだまだ油断せずに治療を進めていきたいと思います。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ