大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

フィラリアの予防薬

予防について 2019.04.02 UP DATE.

フィラリアの駆虫薬ってどんな薬?

フィラリアの駆虫薬は、蚊によって体のなかに入ってしまったフィラリア幼虫を追い出

す薬です。九州では蚊は4月~11月に発生します。蚊にさされることを予防するのはなかな

かできないので、1ヶ月前に蚊から体に入ってきたフィラリア幼虫を追い出して予防する方法

になります。そのため、予防する期間は5月~12月の8ヶ月間です。

 

フィラリアに感染しているかはどうやって調べるの??

フィラリアが体の中にいるか調べるには、予防前検査が必要です。

検査方法は、専用の検査キットを使った血液検査です。

感染した状態で駆虫薬を投与した場合、死んだフィラリアが血管や心臓のなかで詰まり、

犬の命を奪ってしまう危険性があるので検査が必要になります。

 

フィラリアはどうやって駆虫するの???

定期的に駆虫薬の投与をして駆虫します。

駆虫薬は食べるタイプ・つけるタイプ・注射の3種類あります。

 

 

食べるタイプ

食べるタイプの駆虫薬は、体の中に薬がちゃんと吸収されているかが確実ではないので

一年中投与していた場合でも年に1回予防前検査が必要です。

月一回の投薬になります。

<メリット>

・食いしん坊の子は投与がしやすい

<デメリット>

・食べない子もいる

 

つけるタイプ

つけるタイプの駆虫薬は一年中投与してない場合、年に1回予防前検査が必要です。

月一回の投薬になります。

<メリット>

・薬が苦手で飲まない子の投与が楽

<デメリット>

・投与後すぐにシャンプーはできない

 

注射

注射薬の場合、フィラリアだけを予防する薬になります。

初回は予防前検査と健康かどうかの血液検査が必要です。

<メリット>

・1年間効果が持続するので楽

・2回目から予防前検査が不要

<デメリット>

・副作用が出る場合がある

→接種する前に健康かどうかの血液検査が必要

・体重の変動しやすい、仔犬や太りやすい子などには使えない

・忘れがち

・痛みがある

 

それぞれ特徴があるので、その子に合う薬を見つけて毎年予防していきましょう!

 

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2021.07.15

ミニラ

  ゴジラVSコングを見に行きました ミニラは出てないのにミニラが可愛かったのでフィギュアを買っちゃいました    

2021.07.11

昔のブログ

リヴの昔のブログを読み返してたら、うちの子達の小さい頃の写真がありました。 可愛すぎ。。 このまま成長止まっててほしかったと思うくらい今はとても立派になりました

2021.06.25

18歳!

  ジョニじいちゃん、本日で18歳になりました! 調子が良いときは我が家の3歳の猫と走り回ったり、追いかけっこしたり元気に過ごしています(^^) とは […]

2021.07.29

8月の臨時休診日【終日:整理番号制】

重要なお知らせ【終日:整理番号制】 「午前」「午後」共に、ご来院前に必ずお電話にて「整理番号」をお取りください。 整理番号は、2週間前より「お電話」にて、お受付 […]