ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

足にできものができたペコちゃん

診療日誌 2019.07.14 UP DATE.

左足の裏にできものができたペコちゃんです。

出血して気にしてなめているみたいとのこと。

 

見てみると、肉球の隣に赤く膨れた部分がありました。

針でつついて顕微鏡で見てみましたが、血液しか採れず・・・。

このようなできものは、見た目だけでは何が原因なのかが分かりません。

例えば、感染症だったり、悪性腫瘍だったり。

それを踏まえて飼い主さんと相談して、治療方法を決めていきます。

ペコちゃんの場合は、感染の治療で良くなるかどうか試して、だめだったら外科切除する方法をとることになりました。

真菌培養では真菌は生えず、抗生剤を2週間のんでもらいましたが、できものの様子は変わらなかったため、外科切除を行いました。

病理検査の結果は「皮膚付属器母斑」ということで、特に悪い物ではなかったので一安心です。

 

 

しかし!手術から2日後、自分で縫合糸を外してしまったため、再度縫合処置が必要になってしまいました。

どうやら、寝る際にエリザベスカラーを外していたため、傷口をなめていたようです。

さらに、手術から7日後、再び自分で縫合糸を外してしまいました。

このときは、ご飯を食べる際にカラーを外していて、少し目を離したすきに傷口をなめていたようです。

結局、通常であれば術後10日で治療終了だったのですが、27日で治療が終わりました。

 

このように、傷口が塞がる前に糸を外してしまうと、傷の治りがとても遅くなってしまいます。

そのため、傷口が塞がるまでエリザベスカラーを付けて生活してもらう必要があります。

最初は寝るときや食べるときに違和感を感じるかもしれませんが、2~3日経てばカラーがあっても上手に生活できる子がほとんどです。

早く治してあげるためにも、目を離すときは必ず!カラーを付けましょう!

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

荒木 佳織

動物とご家族が幸せに暮らすためのお力になれるように頑張ります。
小さなことでも気軽にご相談ください。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2019.08.18

避妊手術をしたチコちゃん

先日、去勢手術をしたチコちゃんです キラキラの目と黒いお鼻とおヒゲが可愛いですね。 当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご信頼に応え、無事に手術は終わ […]

2019.08.01

インスタグラム始めます☆

いつもトリミングブログをご覧いただきありがとうございます。   Dog salon mowaruはインスタグラムを始めます! これからトリミングブログ […]

attention

2019.08.15

子宮蓄膿症で手術したぱるるちゃん

2日前から元気がない、ご飯を全く食べない、吐くとのことで 来院されたぱるるちゃん。 5歳の避妊していない女の子です。   診察室の中で様子を伺ったとき […]