ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

同居猫とケンカをして腕をケガしたハッピーちゃん

同居猫とケンカをして、右腕のところが裂けちゃった・・・

とのことで来院したハッピーちゃん。

※本投稿は傷の写真を含んでいるため、苦手な方は見ないことをおすすめします。

 

わんちゃんやねこちゃんのケンカによる傷は、

全然問題ないものから、

広範囲に皮膚が裂けて縫合が必要になるものまで、様々です。

 

膿んで体調が悪くなったり、皮膚が腐ったりすることもあるため、(感染症、壊死)

傷が小さいからといって油断はできません。

 

 

 

 

 

 

今回のハッピーちゃんの傷を見てみると、右肘の内側に出血した様子があり、

皮膚が裂けて皮膚の下のお肉が見えちゃっています。

 

痛そうです・・・

傷をよく見るためと、清潔にするため毛刈りをしました。

ぱっくり裂けてますね・・・

ここまで傷が大きいと、傷がくっつきずらかったり、痕が残ったりして、

感染するリスクも上がるため、縫合をおすすめしました。

 

ただし、縫合するにも痛みを伴うので鎮静(薬で大人しくすること)が

必要なことが多いです。

飼い主様の鎮静をさせたくないとの希望で、

エリザベスカラー(首につけるわっか)着用と、

抗菌薬のお注射で様子を見ることにしました。

 

しかし、カラーを嫌がったため外してしまい、

傷をペロペロなめるとのことで来院されました。

なめることは傷の悪化や治りを遅くし、

細菌も感染しやすくなるため、

無麻酔での縫合を実施しました。

ハッピーちゃんがとても我慢強くて、大人しい子だったおかげで、

4糸縫合することができました。

 

なめて糸がとれなければ無事にくっついてくれるでしょう。

飼い主様が服を着させてくれたため、少しなめづらくなりました。

 

2週間後です。

やはりなめて3糸はなくなっており、1糸のみ残っていました。

上半分の傷は綺麗にくっついていたためばっちりですが、

下半分は糸をとったせいか、かさぶたになっています。

それでもカラーなしにも関わらず、

期待以上にくっついてくれたので良かったです。

これで治療終了です。

とっても良い子なのでここまで上手くいったかなと思います。

またケガしないことを祈っておきます。

担当:獣医師

中尾 大樹

9年ぶりに地元福岡に帰ってきました。
美味しいご飯や、地元の懐かしさ、愛犬と愛猫に癒され過ごしています。
気になることや、雑談でも構いませんのでお気軽に話しかけてください。
少しでも動物たちのために尽くせるよう、飼い主様と共に歩んでいきたいので、
どうぞよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2019.09.02

9月の臨時休診日

9月の臨時休診日のお知らせ    4日(水) 11日(水) 16日(月)*月曜日です。ご注意ください。 18日(水) 19日(木)*午後は手術時間となっておりま […]