大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

耳の中にポリープが出来たアイスちゃん

今回は、耳から汁が出ると来院した、小柄なパグのアイスちゃんのお話です。

話だけ聞くと、アイスちゃんは慢性外耳炎を患っているので、その再発かと思われました。

そこで、当院自慢のビデオオトスコープシステムで耳の中を覗いてみたところ…

犬猫の耳道(耳の穴)は折れ曲がっていますが、

(外から入ってすぐを垂直耳道、折れ曲がって鼓膜までを水平耳道といいます。)

その折れ曲がった先の水平耳道内にピンク色でドーム状のしこりがあり、

その周囲に膿様の液がたまっていました。

しこりは充満性で、上の図のように、そこから先が覗けず、

しこりがどこから出てきているのかはわかりませんでした。

液を検査してみると、細菌・酵母の感染があったため、

感染による炎症性に発生している可能性を考え、

まずはそちらをしっかり治療することにしました。

外耳洗浄に点耳薬・内服薬を併用して、汁の排出は落ち着きました。

しかし、しこりに変化はありませんでした。

 

レントゲン検査でも耳道内にしこりが充満していることが確認され、

治療で改善もないことから、しこりの細胞の検査(生検)が必要と判断し、

麻酔下でビデオオトスコープを用いて組織の採材を行うことにしました。

何をするかというと、簡単に言うと、

カメラで覗きながら、鉗子でしこりの一部をちぎってくるのです。

カメラに内視鏡と同様に鉗子を通す穴が開いているものもあるのですが、

今回は組織を大きく取るために、細いカメラを入れて、

その脇から太い鉗子を差し込んで採材する方法をとりました。

実際に実施してみると、なんと、一部ではなく腫瘤のほぼ全体がズボッと抜けてきました。

これでやっと腫瘤の全体像がはっきりしました。

鼓膜の直前の耳道の皮膚から発生し、水平耳道にほぼ充満していたようでした。

鼓膜より内側から発生していることもあるのでヒヤヒヤしていましたが、

鼓膜は無事でした。

細かいところをきれいにして、しっかり洗浄を行い、処置を終わりました。

取れた腫瘤は病理検査にまわしました。

 

ビデオオトスコープがなければ

CT検査をして場所を確認して、耳の切開をして取るか、

盲目的に鉗子を入れて取るという危ないことをするか、

など負担をかける可能性があったので、

最小限の負担で処置ができてよかったです。

 

アイスちゃんは日帰りで元気に帰って行きました。

良性であるように見えましたのが、病理検査の結果待ちです。

今後の治療が重要なので、しっかり見ていきたいと思います。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2020.05.25

二ゲラ

去年植えていただいたたくさんのお花たちをきちんと管理出来なくて 雑草と共に絶滅してしまったと思っていたんですが 春になってみると二ゲラが咲いてくれていました!! […]

2020.05.25

包皮炎になったニッキーちゃん

こんにちは。 獣医師の中尾です。 まだまだコロナによる不自由さは解消されていませんが、 もうひと踏ん張り頑張って、勝ちましょう。 苦しんでる方も沢山いらっしゃる […]

2020.05.20

去勢手術を行ったアルちゃん

先日、去勢手術を行ったアルちゃん。 キョトンとした表情をしていて、とても可愛いです。   当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご信頼に応え、 […]

2020.05.13

やさしさ

マスクやハンドソープがなくて困っていたら飼い主さんから ありがたい差し入れが届きました。 みなさんの優しさがとっても嬉しかったです。 ありがとうございました!! […]