大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

発熱をしてやってきたリリオちゃん

先日、前日から急に吐き始めて元気と食欲が無いと来院した、少し怖がりのリリオちゃんのお話です。

来院時は触っただけでわかるくらいの発熱があり、直腸温を測ってみると40℃以上ありました。

呼吸もやや早く、SIRS(全身性炎症反応症候群)の可能性が高いと判断し、急いで検査をしました。

(写真は来院後そんなに時間が経っていない時の写真ですが、明らかに目がうつろで顔に余裕がありません。)

調べてみると、総白血球数が低下しており、SIRS状態と判断しました。

 

SIRS(全身性炎症反応症候群)とは、

感染などの侵襲(内から外から問わず)によって起こった炎症が、

全身性に影響を及ぼしている状態で、コントロールできなければ多臓器不全も起こし得る危険な状態です。

 

迅速エコー検査で腹水貯留が認められたため、腹水検査を実施し、細菌性腹膜炎と診断しました。

急性の細菌性腹膜炎で一番多いのは消化管穿孔です。

穿孔の有無の確認と腹腔内の洗浄が早急に必要と判断し、

そのまま試験開腹を実施しました。

腹膜炎により消化管は真っ赤になっていました。

怪しい部位はありましたが、明らかな穿孔部位は確認できなかったため、消化管の切除等は行わず、

しっかりお腹の中の洗浄を行い、排液ドレーンを設置して、手術を終了しました。

針の穴ほどの小さな消化管穿孔の可能性が高く、

抗菌剤の投与と腹水のコントロールで穿孔部位はそのまま塞がるのではと考えました。

状況によっては再度開腹の可能性もありましたが、

なんとか数日で排液が減り、熱も下がり、元気になりました。

まだ、消化管のダメージが回復しきっていないので便が柔らかいのですが、じきに良くなるはずです。

 

早めに来院していただいたので、処置もすぐ出来て回復しましたが、来院が1日遅れていたら助かっていなかったかもしれません。

発熱は本当に怖いな、というお話でした。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2020.07.11

レジ袋の有料化について

2020年7月1日より経済産業省が定める「レジ袋の有料化」が義務付けられました。 レジ袋は大きさに関わらず3円となります。 「本当に必要か」を考え、私たちのライ […]

2020.07.11

うにちゃん

  ペットホテルに来ていたうにちゃんとボール遊びをしました 一緒に遊んでくれるワンちゃんを飼った事がなかったので とっても楽しかったです   […]