大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

片側の腹腔内隠睾を腹腔鏡で摘出したピースちゃん

先日、去勢手術に来院したニコニコピースちゃんです。

(診察前はニコニコご機嫌ですが、診察は嫌いなようなのでエリザベスカラーです😅)

前もって他の予防の診察の時に分かっていたのですが、片側の精巣が正常な陰嚢の中にありませんでした。

エコーで確認してみると右の精巣がお腹の中にありました。

そこでご家族とお話しして、お腹の中の精巣は腹腔鏡で摘出することになりました。

 

なぜ腹腔鏡を勧めるか、なのですが、

 

通常の開腹による摘出の場合

腹腔鏡の場合

 

体格にもよりますが、

単純に傷の大きさが大きく違い、手術の痛みがかなり軽くなります。

出血の確認もカメラでしっかり行うため、日帰りも可能です。

 

ピースちゃんも元気にけろっとして帰っていきました。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2020.04.03

    ◆お知らせ:その① 【狂犬病/フィラリア/混合ワクチン】 完全予約制:4月2日〜5月15日まで *気になる病気がない場合に限られます […]

2020.03.28

4月の臨時休診日

4月の臨時休診日のお知らせ   1日(水) 8日(水) 15日(水) 17日(金)*午後は休診となっております。ご注意ください。 22日(水) 29日(水)   […]

2020.04.01

SUBシステムを設置したママちゃん part2

そのため、時間を稼ぐ一時的な救命処置として、 体外から腎臓に直接カテーテルを挿入して尿を出す、腎瘻カテーテルの設置術を行いました。 リスクの高い状態でしたが、な […]