大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

急に吐いて元気がなくなったたまちゃん

うちのネコが、前日の夜から何度も吐いていて、元気・食欲がない、

急いで受診した方が良いですか?

と電話がきました。

電話で状況を聞いた当院の看護師が、

そうですね、様子を見ずに早目の受診が良いと思います、

とお返事をして、

すぐに来院してもらったのは、人工哺乳の頃からみているおっとり猫のたまちゃんでした。

 

お話を聞くと、おもちゃの紐をはじめの方に吐いた、以前から布系のものを嚙る癖があるとのこと。

早い方が良いと思いますとはこれのことだな、とお腹のエコーを見てみると、

案の定おもちゃの紐が消化管に引っかかっていました。

 

紐が消化管に引っかかる紐状異物は、異物による腸閉塞の中でも特に質が悪い状態です。

引っかかった紐と正常な消化管の蠕動運動の結果として、腸管が手繰り寄せられて、綴れてしまいます。

綴れてしまった腸管はその圧迫により、血液の流れが悪くなり、障害を受けます。

比較的短時間で、その部分の腸管が全体的に壊死してしまうこともあります。

 

たまちゃんはその日のうちに開腹手術となりました。

これが綴れてしまった腸管です。

ややうっ血してしまっているせいか赤いですが、ダメージは深くないようでした。

 

まずは腸管内に引っかかっている端の部分を探します。

そして、腸管を切開して、その端の部分のみを切除しました。

引っかかっている端の部分が取れると、綴れていた腸管を戻すことが可能になるので、

真っ直ぐに整復し、ついでに腸管内の紐を胃内に押し戻しました。

押し戻した紐を内視鏡下で摘出しました。

内視鏡を使うことで、消化管の切開を最小限に留めることができました。

長い紐が出てきました。

腸管の方に結び目が引っかかり、胃のなかで残りの紐がだまを作ってしまったことによって、

腸管の綴れの発生につながったようでした。

 

術後はスムーズに回復し、元気に帰って行きました。

時間が経ってしまっていたら、状態はもっと悪くなっていたでしょう。

手術できたとしても、腸管の切除が必要になっていたでしょうし、回復に時間がかっていたはずです。

早めに来院してもらって良かったです。

 

どうしても不要不急の外出自粛要請が出ていますので、

動物病院に行くべきかどうか悩まれることがあると思います。

わんちゃんねこちゃんの調子が悪そうな時は、

様子をみる前に一度、動物病院に問い合わせてみてください。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2020.05.25

二ゲラ

去年植えていただいたたくさんのお花たちをきちんと管理出来なくて 雑草と共に絶滅してしまったと思っていたんですが 春になってみると二ゲラが咲いてくれていました!! […]

2020.05.25

包皮炎になったニッキーちゃん

こんにちは。 獣医師の中尾です。 まだまだコロナによる不自由さは解消されていませんが、 もうひと踏ん張り頑張って、勝ちましょう。 苦しんでる方も沢山いらっしゃる […]

2020.05.20

去勢手術を行ったアルちゃん

先日、去勢手術を行ったアルちゃん。 キョトンとした表情をしていて、とても可愛いです。   当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご信頼に応え、 […]

2020.05.13

やさしさ

マスクやハンドソープがなくて困っていたら飼い主さんから ありがたい差し入れが届きました。 みなさんの優しさがとっても嬉しかったです。 ありがとうございました!! […]