ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

胆嚢摘出をおこなった風子ちゃん

手術報告 2016.06.04 UP DATE.

先日このブログでもご紹介した急性胆嚢炎をおこした風子ちゃんのお話です。

今年の初めに体調が悪くなって入院し、退院してからは内科で調子は安定していました。
しかし、数日お薬をきらしてしまい、具合が悪くなってしまいました。血液検査がぐんと悪くなり、総胆管の拡張も見られました。
飼い主様がおしっこの色が濃くなったのに気付き来院され、すぐに処置ができたので内科で状態は回復しました。

今回は間に合いましたが内科でいつまで維持できるかという問題もあり、飼い主様と相談して手術で胆嚢を摘出することになりました。

手術中の様子です。

風子 オペ中

↑ 胆嚢炎による腹膜炎を併発していたので、かなりの癒着がみられました。

風子総胆管

↑ 総胆管の疎通を確認しているところです。

風子胆嚢

↑ 摘出した胆嚢です。
中を見てみると・・・

風子胆嚢割面

内容物が固体状になっていました。

病理検査の結果は壊死性出血性胆嚢炎で、腫瘍性の変化は観察されませんとのことでした。術後の経過は順調で現在も体調は良く、元気にしてくれています。

今後もしっかりサポートしていきたいと思います。

獣医師 酒井

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2019.11.21

12月の臨時休診日

12月の臨時休診日のお知らせ   4日(水) 11日(水) 12日(木)*午後は手術時間となっております。午後は診察できませんご注意ください。 18日(水) 2 […]

attention

2019.12.12

腹腔鏡下潜在精巣摘出術を行ったボンちゃん

先日去勢手術を実施した眉毛の凛々しいボンちゃんです。 ただし、通常と異なり2つのの精巣がお腹の中にありました。 犬の精巣は生まれるときにはお腹の中にあり、その後 […]

2019.12.10

避妊手術をしたミミちゃん

先日、避妊手術をしたちミミゃんです。 とんがった長いお耳とエメラルド色のお目々は、優雅で上品なたたずまいです。 当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご […]