大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

グレードⅤの椎間板ヘルニアを発症したチョコちゃん

診療日誌 2016.07.24 UP DATE.

「外出から戻ったら、後ろ足が萎えてずって歩いている。何が起こったかわからない。」ということで来院されたのは、ミニチュアダックスフンドのチョコちゃんです。

IMG_1885

急に発症したようで、オーナーの方も心配そうでした。

早速診察をしたところ膀胱麻痺も起こしており、グレード5の椎間板ヘルニアを強く疑わせる症状でしたので、早速、内科治療を開始し海の中道動物病院でMRIの検査を受けていただくことになりました。

IMG_2225

MRI検査の結果は、右側T12-13間の椎間板ヘルニアで、幸い脊髄軟化症は併発していないとのことでしたので、オーナーと話し合い手術を実施しました。

今回は手術前には、すでにグレード5まで進行しており(一般的にグレード5まで悪化する椎間板ヘルニアでは手術を実施しても歩けるようにならないことがある)、厳しい状況でしたがチョコちゃんの頑張りに期待して手術をさせていただきました。

IMG_2224

術後は約2週間の入院管理とリハビリに専念し、ようやく後ろ足をひょこひょこ動かすそぶりが出てきたので退院としました。

IMG_1881

その後、お家ではオーナー方とチョコちゃんの頑張りにより、歩行も排尿も段々上手に出来るようになり、最近では車椅子もほとんど使わなくて済むようになったと喜んでおられました。

IMG_2011

上の写真は車椅子で歩行訓練中のチョコちゃんです。

車椅子は重症の椎間板ヘルニアの子の術後のリハビリにとても役に立ちますし、万が一下半身麻痺になっても利用できるので、とても助かるツールです。

今後もオーナーの方と共に、チョコちゃんのサポートを続けていきます。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

佐藤 誠剛

開院以来、安心して通っていただけるよう、ペットと飼い主様に寄り添った親身な医療を心がけてまいりました。これからも「家族の一員であるペットたちを病気から守り一日でも長く元気で健康に暮らしていけるように」を信条に、真心を込めた診療に携わってまいります。
「共に過ごす毎日はかけがえのない時間 」大切なペットたちの生涯は、私たちの人生の時間の中で限られた時間です。私たちは、共に生きてお互いが喜びを感じる日々を常に願っております。 (リヴ動物病院の「Live」の由来も同じ意味を持ち、思いを込めて名付けました )

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2020.09.30

おもちゃの一部を食べたフクちゃん

こんばんは。 獣医師の中尾です。 とうとう自分が参加している草野球チームが9人を超えました。 大学生も参加してくれ、平均年齢もグッと若くなりました。 あとは対戦 […]

2020.10.01

キャンプ

今年からキャンプをはじめました! リヴにはベテランキャンパーのNさんがいて、初キャンプはNさんおすすめの キャンプ場に行ってきました(^^) 涼しくなってきて過 […]

2020.09.17

癒し

夜の静かな時間帯になると、どこかで寝ていたジョンくんがのそのそとやってきて 膝の上に乗ってきてくれます。 癒しです☆