ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

耳にできものが出来たまろちゃん

診療ブログ 2016.11.24 UP DATE.

今日は耳にダニがついた!と来院された、チワワのまろちゃんのお話です。

img_3856

実際の耳の中にダニがいるのか?と見せてもらうと、このようなものが付いていました。

img_3793

おそらく、ダニではなさそうですね!
ただ、まろちゃんの怖がりな性格上これ以上の触診や視診が厳しかったので、飼い主さんとお話をして鎮静をかけてしっかりと検査を行い、その後切除を行うことになりました。

この場合は、実際にこの腫瘤の根元がどこからなのか、大きさはどのくらいなのかを判断してから切除の方法を決めることになります。

まろちゃんはレーザーによる蒸散処置を行いました。

img_3798

処置後の写真はこちらです。

img_3804

数日間、お薬と耳を自分自身で触らないようにするためにアニマルカラー(輪っか)をしてもらい、耳掃除も同時に行って管理していきました。

途中で、カラーを外して過ごしていた期間があったみたいでお耳を自分で掻いてしまい赤くなっているところがありました。(下の写真)
その後はカラーを徹底してもらうと、傷口も収まり現在は休薬しています。

img_3982

まろちゃんは、摘出した腫瘤を病理検査に出していませんが、ご希望があれば出すことができます。

お家のわんちゃん、ねこちゃんの出来物(腫瘤)でお悩みがある方は、いつでもご相談ください。

 

獣医師 平湯

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

attention

2017.05.24

歯科処置を行ったテトちゃん

先日、歯科処置とおでき取りを行ったのは元気いっぱいで人懐こいテトちゃんです。 お家で歯をみていて、前歯がぐらついている気がするので、歯科処置が必要か見て欲しいと […]

attention

2017.05.20

皮膚の腫瘤を切除したタロウちゃん

先日、皮膚の腫瘤を切除したタロウちゃんです。 すごくおとなしくてお利口な子ですが、散歩中は大型犬に向かっていったりする根は気が強い子だそうです。病院で発揮されな […]

attention

2017.05.18

脾臓の腫瘤を切除したチョコちゃん

肩関節の不安定症や慢性肝臓胆嚢障害の治療で通っているミニチュアダックスのチョコちゃんも、もうすぐ10才です。 今回は定期検診のために腹部のエコー検査を実施しまし […]

2017.05.16

前十字靭帯が断裂したシドちゃん

「数日前から左足を上げて歩く」とのことで来院したのはパピヨンのシドちゃん12才でした。 早速、触診をしてみると左側の膝関節が重度に腫大していました。 シドちゃん […]