ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

抱っこから飛び降りて骨折してしまったスフレちゃん

診療日誌 2018.09.28 UP DATE.

先日、右後ろ足を痛がると夜間救急に行き、紹介でやってきたスフレちゃんのお話です。

とってもお利口さんなマンチカンの子猫さんです。

なんでも、物音に驚いて抱っこから飛び降りてしまい、それから症状が出ている、とのことでした。

明らかに右足の着きかたが悪く、膝のあたりの腫れと痛みがありそうでした。

膝のレントゲン検査を行いました。

膝を曲げて横から撮影したレントゲンです。右上が太ももの骨(大腿骨)で、中央から下にかけてが脛・ふくらはぎの骨(脛骨・腓骨)です。

まだ成長期で、骨端板という骨の成長を担う部分がはっきりしているため分かりにくいですが、

脛骨の上部の脛骨粗面という部分が浮き上がってしまっています。

飛び降りた時に膝を強くぶつけ、はがれてしまったのでしょう。

 

よく見ると、近位(中心に近い方)はズレていないのに対し、遠位が大きくズレています。

脛骨粗面は膝の前面にある膝蓋靱帯が付着する部分で上向きに大きな力が加わります。

完全にはがれてはいないようですが、その力でずれてきてしまっているようでした。

 

治療は、まだ小さい仔猫なのもあり、一時、外固定(ギプスのようなもの)で固定して安定化しないか試してみましたが、

足の短いマンチカンという猫種もあってか上手くいかず、整復手術を行うことになりました。

金属のピンをはがれた部分に打ち込み、固定する手術です。

足の小ささもあり、心配でしたが上手くいきました。

 

今後は、上手く骨が治ってくれるかと、骨の成長を担う骨端板を痛めている可能性が高いので、

骨の成長に異常が出ないかをしっかり経過を追っていきたいと思います。

 

福岡動物メディカルパーク リブ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2018.12.01

12月臨時休診のお知らせ

12月の臨時休診日のお知らせ 2日(日)*日曜日です。ご注意ください。 5日(水) 9日(日)*日曜日です。ご注意ください。 12日(水) 19日(水) 20日 […]

2018.10.31

11月の臨時休診のお知らせ

11月の臨時休診日のお知らせ 4日(日)*日曜日です。ご注意ください。 7日(水) 14日(水) 21日(水) 23日(金)*金曜日です。ご注意ください。    […]

2018.12.11

退職のご挨拶

お世話になります。獣医師の木村です! この度、12月16日をもちましてリヴ動物病院を離れることとなりました。 直接ご挨拶できずこのようなご報告になってしまった方 […]