ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

家に帰ってみたら倒れていたモモタロウちゃん

診療日誌 2019.01.24 UP DATE.

夕方の診察終了間際に、仕事から帰ってみたら倒れてぐったりしているんですが!、と慌てた電話がかかってきました。

そして運ばれてきたのが、とても小さいプードルのモモタロウちゃんです。

体重が400g台だったので、まだ生後1、2ヶ月の子かと思ったら、3ヶ月越えていて驚きました。

写真は元気が少し出てきた時点ですが、

運ばれてきた時にはぐったりして頭も挙げることができず、体も冷えきっていました。

慌てて、状態のチェックと血管確保、保温を行い、検査を行ったところ、低血糖による発作を起こしたようでした。

糖液の経口投与と点滴でなんとか体を動かすことができるようになりました。

詳しくお話を聞くと、吐いた跡があったとのことでした。

状態の改善を見ていると、確かに再度嘔吐があり、食欲もなかなかでてきませんでした。

そこで腹部エコー検査を実施すると、腸閉塞を起こしていることがわかりました。

もともと体が小さく、余力が少ないところに、腸閉塞で食事が摂れなくなったため、低血糖を起こしたようです。

 

1、2日前に柵の隙間から脱走していた、とのことだったので、その時にいたずらをして何か食べてしまったのでしょう。

急遽、開腹手術となりました。

取り出したものがこれです。

飼い主さんにお聞きしたところ、おそらくカボスの種だろう、とのことでした。

普通の大きさの子なら腸閉塞までいかなかったかもしれませんが、体格が仇となりました。

思いもよらないものが腸閉塞を起こします。

 

幸い術後はみるみる回復してくれました。

小さいので、心配は尽きませんが、すくすく大きくなってくれるようサポートしていこうと思います。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2019.11.21

12月の臨時休診日

12月の臨時休診日のお知らせ   4日(水) 11日(水) 12日(木)*午後は手術時間となっております。午後は診察できませんご注意ください。 18日(水) 2 […]

attention

2019.12.12

腹腔鏡下潜在精巣摘出術を行ったボンちゃん

先日去勢手術を実施した眉毛の凛々しいボンちゃんです。 ただし、通常と異なり2つのの精巣がお腹の中にありました。 犬の精巣は生まれるときにはお腹の中にあり、その後 […]