大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

急に動かなくなったクロチビちゃん

診療日誌 2019.05.12 UP DATE.

いつもなら会社に出勤するとご飯を貰いに来るのに、来ないと思って探してみると、隅の方でうずくまってじっとしていた、

と連れてこられたのは、小柄でかわいい黒猫のクロチビちゃんです。

ご飯はあげたら食べたが、どうも動きたがらない、後ろ足を触らせようとしない、とのことでした。

実際に確認してみると、どうも左脚の太ももが腫れています。

レントゲンで確認してみると、

大腿骨の骨折がありました。これは痛くて動けないはずです。

 

骨折の種類としては、骨端板(成長板)骨折というもので、若い子で多い骨折です。

幸いクロチビちゃんは骨の成長がほとんど終わっているようなので良かったですが、

骨端板骨折は骨の成長障害を起こすことがあるため、慎重に治療をする必要のある骨折です。

 

上のレントゲンでは分かりにくいですが、骨片の前後方向へのズレが大きく、

温存治療での機能回復はおそらく不可能であると判断し、飼い主さんとお話をして手術をすることになりました。

手術は、ズレてしまった骨片を整復して、左右から斜めに金属性のピンを打ち込んで固定するクロスピン法で行いました。

最近導入した外科手術用X線撮影装置(Cアーム)のおかげで、幸い大きなトラブルなくスムーズに手術を終了することができました。

 

外猫さんなので入院に慣れてくれるかが心配でしたが、とても人懐こい子ですぐ慣れてくれたので安心しました。

元通りに飛んだり跳ねたりできるように、しっかりフォローをしていきます。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2020.05.25

二ゲラ

去年植えていただいたたくさんのお花たちをきちんと管理出来なくて 雑草と共に絶滅してしまったと思っていたんですが 春になってみると二ゲラが咲いてくれていました!! […]

2020.05.25

包皮炎になったニッキーちゃん

こんにちは。 獣医師の中尾です。 まだまだコロナによる不自由さは解消されていませんが、 もうひと踏ん張り頑張って、勝ちましょう。 苦しんでる方も沢山いらっしゃる […]

2020.05.20

去勢手術を行ったアルちゃん

先日、去勢手術を行ったアルちゃん。 キョトンとした表情をしていて、とても可愛いです。   当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご信頼に応え、 […]