ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

イスをかじって目が腫れちゃったSOYちゃん

「両目が赤く腫れて目が開いてない!!」

来院したのはジャックラッセルテリアのSOYちゃんです。8ヶ月の元気いっぱいな女の子です。

 

飼い主様が帰宅されると、SOYちゃんの両目が赤くなって腫れていたとのことでした。

診察時の写真がこちらです。

 

見やすいように光を当てていますが、目の周り(まぶたの部分)が赤くなっているのが分かります。

光が当たっていない影響で分かりづらいですが、右目も同様に赤くなっています。

 

 

上の写真はアップで撮影したものですが、目頭から目を囲むように赤くなっているのが分かります。

ちなみに来院時には目の腫れはほぼ治まっており、診察が終わる頃にはほとんど分からないくらいになっていました。

飼い主様が見たときには、ほぼ目が開いてなかったとのことなので、1時間程度で症状が消えていったことになります。

 

目以外にも顎の下やお腹も赤くなっていました。

普段は赤くないとのことでした。

 

飼い主様にお話しを尋ねたところ・・・・

「バラバラになったイスの破片が散らばっていたとのことでした。

 

日頃から色々なものをかじっているSOYちゃんの今回の症状は、アナフィラキシー(もしくはアレルギー性皮膚炎)によるものと考えました。

もちろん目の病気の可能性や、皮膚病の可能性も考えられましたが、

全身に急速で同時に症状が現れていたため、かなり疑わしいと考えられました。(現段階では可能性を否定できません)

おそらくイスの塗料(化学成分)が原因と考えられました。(他のものを口にしていた可能性はあります)

 

アナフィラキシーは、アレルゲンの暴露(吸ったり、触ったり)により、複数の臓器にアレルギー症状が起こる過敏反応のことです。

症状としては

  • 皮膚  (赤くなる、かゆい、ぶつぶつができるなど)
  • 呼吸器 (呼吸が苦しい、気管がはれる、ゼイゼイするなど)
  • 循環器 (ふらつく、ぼーっとするなど)
  • 消化器 (腹痛、嘔吐、下痢など)

上記のようなものが起こり、ひどい時には血圧が下がったり、呼吸が苦しくなったりして命に関わることもあります。

特徴としては、急速な症状発現(数分〜数時間以内)です。

さっきまで何ともなかったのに・・・とよく飼い主様に言われます。

主な原因としては

  • 食べ物
  • 植物
  • 昆虫
  • 薬剤
  • 運動
  • 体温
  • 日光 など

上記のようなものが挙げられます。(動物ではまだまだ不明な部分も多いです)

 

体内の免疫システムが過剰反応することで、色々な症状が起こるためそれを抑える治療がメインになります。

そのため今回の治療は、

  • ステロイド
  • 抗ヒスタミン
  • 胃薬
  • 吐き気どめ

上記のお注射をしました。(冒頭には書いていませんが、嘔吐もしていました)

 

SOYちゃんの腫れや赤みは、病院からお家に帰った後に無くなっていたそうです。

帰宅後から赤くなったり、吐いたりすることもなく元気いっぱいらしいです。

 

SOYちゃんは幸運にも軽度の症状でしたが、大丈夫だろうと判断してひどくなることもあり得ます。

そのため、わんちゃんやねこちゃん、その他の動物と暮らしている飼い主様は、

原因となるようなもの(食事や植物)を極力避けたり(100%は無理ですが・・・)、

ワクチンなどのお薬を注射後は、注意して観察したりするようお願いいたします。(注射後は安静にしておいてくださいね!)

特に何でもお口に入れるような子は、アナフィラキシーだけではなく、異物として胃や腸につまることもあるため注意してください。

  • 不用意に人の食べ物をあげない(肥満や食事アレルギー、時には中毒が起こることもあります)
  • 届くところに植物を極力置かない(食べてしまうこともあります)
  • 薬剤(お薬、殺虫剤、化粧品など)を届くところに置かない(異物や中毒の可能性もあります)
  • 注射した日は安静(トリミングやシャンプーは3日後から、ドッグラン・ペットホテル・過剰な運動は避けてください)
  • アレルギーやアトピーがある子(より症状が強く出る可能性があります)
  • 昆虫が多いところは避ける(特にハチは注意です)

 

 

***************************************************************************************************************************************************

○獣医師より

初めまして、獣医師の中尾です。

今年の4月よりリヴの一員になりました。

地元に帰ってきて1ヶ月で、体重が5キロ増えたので焦っています・・・(ラーメン食べすぎたかな?)

今回初めての投稿で読みづらかったり、分かりづらかったりする部分もあると思いますが、

今後も皆様に楽しく分かりやすく伝えられるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

中尾 大樹

9年ぶりに地元福岡に帰ってきました。
美味しいご飯や、地元の懐かしさ、愛犬と愛猫に癒され過ごしています。
気になることや、雑談でも構いませんのでお気軽に話しかけてください。
少しでも動物たちのために尽くせるよう、飼い主様と共に歩んでいきたいので、
どうぞよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2019.09.02

9月の臨時休診日

9月の臨時休診日のお知らせ    4日(水) 11日(水) 16日(月)*月曜日です。ご注意ください。 18日(水) 19日(木)*午後は手術時間となっておりま […]