ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

お尻を1週間ひきずって歩くわんこ

1週間前からお尻を引きずって歩く。

お尻から膿のようなものが出ているとのことで、

来院されました。(飼い主様の希望でお名前とお顔は伏せています)

 

お尻を後ろから見た写真です。

かさぶたやからまった毛をとった後です。

肛門の右側(3-6時付近)が赤く腫れており(炎症)、

穴(瘻)が3箇所空いているのが見えます。

 

押すと右下の穴から黄土色の液体が出てきています。

左の穴からは薄ピンクの液体も見えます。

 

場所と黄土色の液体がでていることから、

肛門腺破裂と診断しました。

 

左右両方とも肛門腺が溜まっていて、

絞ると出てきたのが上の写真の茶褐色のものです。

 

肛門腺は液体、砂状、粒状、泥状、それらの混ざりと

個体差があります。

経験上固形になるほど自力で出せない子が多い気がしますが・・・

 

たまる子はお尻をこすったり、気にしたりします。

カットやシャンプーに行ってる子は、

おそらく含まれていることが多いと思います。(要確認)

 

   ちなみに肛門腺を顕微鏡で見て見ると、

細菌(赤や青の粒や棒)とマラセチア(ボウリングのピンやひょうたんの形)が

見つかりました。

 

肛門腺破裂は肛門腺に分泌物が溜まって、

袋の中で炎症が起こって破裂につながることが多いので、

細菌感染コントロールと洗浄が治療のメインになります。

 

今回も綺麗にして、抗菌薬の注射をしています。

※最初と2枚目の写真は洗浄・毛刈り終わったあとです。

 

わんちゃんにもねこちゃんにも起きる病気なので、

お尻を気にしている・こすっているなどあれば、

病院で相談ください。

お家でも大人しい子はできるので、

絞り方が聞きたい方は気軽にご相談ください。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

中尾 大樹

9年ぶりに地元福岡に帰ってきました。
美味しいご飯や、地元の懐かしさ、愛犬と愛猫に癒され過ごしています。
気になることや、雑談でも構いませんのでお気軽に話しかけてください。
少しでも動物たちのために尽くせるよう、飼い主様と共に歩んでいきたいので、
どうぞよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2019.09.02

9月の臨時休診日

9月の臨時休診日のお知らせ    4日(水) 11日(水) 16日(月)*月曜日です。ご注意ください。 18日(水) 19日(木)*午後は手術時間となっておりま […]