大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

数日食欲が落ちて、お水を良く飲むジュリちゃん

数日前から食欲が落ちてきて、ここ2、3日はほとんど食べていない、水だけはたくさん飲む、

陰部から血のようなものが出ている、と連れてこられたのは、ぽっちゃりなボーダーコリーのジュリちゃんです。

お腹にエコーを当ててみると、

少し詳しい方なら、症状で「これはあれかも!?」と思われるかもしれませんが、

子宮内に感染を起こして膿が溜まる、子宮蓄膿症でした。

命に関わることもある怖い病気です。

お水をたくさん飲んでいたのは、炎症と細菌の出す毒素の影響からでした。

よほどの事情がなければ、主な治療法は卵巣子宮の外科摘出になります。

 

全身チェックを行って、手術可能な状態でしたので、飼い主さんとお話しして、即日手術となりました。

Mの字型に出ているのが子宮です。

術者の手と比較しても分かる通り、大きくパンパンに腫れています。

緊急手術であったことと、ぽっちゃりさんであったことから、

少し手術は手こずりましたが、問題なく手術は終了しました。

 

原因の子宮を摘出したことで、術後は順調に回復してくれました。

 

基本的に子宮蓄膿症は救急疾患です。早く処置をしなければ、状況は悪化していきます。

臓器不全を起こしたり、ショックを起こして、亡くなることもあります。

症状はどれも必ず出るわけではありませんが、

避妊していない女の子

・元気・食欲がない

・お水を急に良く飲むようになった・おしっこの量が急に増えた

・吐く

・お腹が張っている

・陰部から膿、血のような異常な分泌物が出ている

(陰部からの分泌物を下痢・血便だと勘違いされることもあります)

などの症状を示している場合は早めに診察を受けてください。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

担当:獣医師

山﨑 大樹

ペットと人が一緒に楽しく暮らすために、生活に寄り添った万全のサポートのできるホームドクターが目標です。全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2020.05.25

二ゲラ

去年植えていただいたたくさんのお花たちをきちんと管理出来なくて 雑草と共に絶滅してしまったと思っていたんですが 春になってみると二ゲラが咲いてくれていました!! […]

2020.05.25

包皮炎になったニッキーちゃん

こんにちは。 獣医師の中尾です。 まだまだコロナによる不自由さは解消されていませんが、 もうひと踏ん張り頑張って、勝ちましょう。 苦しんでる方も沢山いらっしゃる […]

2020.05.20

去勢手術を行ったアルちゃん

先日、去勢手術を行ったアルちゃん。 キョトンとした表情をしていて、とても可愛いです。   当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご信頼に応え、 […]

2020.05.13

やさしさ

マスクやハンドソープがなくて困っていたら飼い主さんから ありがたい差し入れが届きました。 みなさんの優しさがとっても嬉しかったです。 ありがとうございました!! […]