大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

足しゃぶとは・・・

こんにちは。

獣医師の中尾です。

最近親戚の小学生のお勉強を見ていますが、

自分が小学生の時より明らかに進んだ内容をしているため、

ゆとり世代なのを再認識させられました。

社会の歴史も少し変わっているのが新鮮でした。

 

普段獣医学の勉強しかしていないため、(さも毎日勉強しているかの様に書いていますが)

違う分野の勉強をするのは良い刺激になります。

特に好きなのはなぞなぞです。

もっと頭柔らかくなりたいなと思います。

 

今回は皮膚病で困っているわんちゃんの治療法の1つである足しゃぶしゃぶの紹介です。

現在皮膚病にかかっている(お耳のトラブルも含む)多くのわんちゃんが、

苦しんでいる原因の多くはアレルギーです。

大雑把に説明すると、アトピー食事アレルギーになります。

このお話しをしだすと、3回分くらいの長文になる気がするため、

今日は省きます。(笑)

 

ちなみに当院は九州では数少ない、

皮膚科認定医による皮膚科専門診療を月1回実施しています。

皮膚でお困りな方は是非お声がけください。(当院に通われていない患者様でも構いません)

 

アレルギーのわんちゃんは、手足先端が痒くなることが多く(7〜8割のわんちゃんで見られます)、

赤くなったり、腫れたりすることがあります。(肢間炎、下の写真です。)

この時多くの場合マラセチア(=酵母様真菌、カビの一種)が増えていることがあります。

 

マラセチアは今ある炎症をより悪化させ痒みサイクルをより加速させます。

そのため、炎症(アレルギー)の原因を改善すると共に感染を除去する必要があります。

もちろんお薬を飲んでもいいですが、

副作用が最小限で済んで、費用も少なめな、消毒がおすすめです。

当院では、クロルヘキシジンポピドンヨードを使用することが多いです。

 

消毒の方法は、乾綿やコットンに消毒薬を染み混ませて拭く方法と、

足先であればひたす方法があります。(これが”足しゃぶしゃぶ“です)

性格や体格にもよりますが、小型犬やおとなしいわんちゃんであれば、

下の写真のように消毒をすることが可能です。

当院の皮膚科診療のモットーは“薬を使わずアレルギーを治す”なため、

消毒やスキンケア、腸内細菌等、通常皮膚科治療のみではなく、

多方面から治療に取り組んでいます。

 

ご興味がある方はスタッフまでお声がけください。

 

福岡動物メディカルパーク

福岡動物アレルギーセンター

リヴ動物病院

担当:獣医師

中尾 大樹

9年ぶりに地元福岡に帰ってきました。
美味しいご飯や、地元の懐かしさ、愛犬と愛猫に癒され過ごしています。
今の楽しみは、ゴルフとホークス観戦です。
最近お腹が出てきたので、ジムに行って頑張っています。
わんちゃん、ねこちゃんに痩せてくださいと言ったら、先生もね!って突っ込んでください。笑

気になることや、雑談でも構いませんのでお気軽に話しかけてください。
ブログでも皆様のお役に立てるよう情報を提供していきます。
優しい、話しやすい、丁寧、親身に寄り添える獣医師目指しています。
少しでも動物たちのために尽くせるよう、飼い主様と共に歩んでいきたいので、
どうぞよろしくお願いします。

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2020.09.17

癒し

夜の静かな時間帯になると、どこかで寝ていたジョンくんがのそのそとやってきて 膝の上に乗ってきてくれます。 癒しです☆

2020.09.15

ハロウィン

  大好きなハロウィンが近づいてきたので おおきなカボチャのオブジェを買いました!! センサーに反応して光りながら笑います。 とっても可愛いので1年中 […]

2020.09.14

10月の臨時休診日【終日:整理番号制】

大事なお知らせ【終日:整理番号制】   新型コロナウィルス感染拡大防止および飼い主様と従業員の健康と安全確保の為、 診療を終日整理番号制にさせて頂く事 […]

2020.09.09

台風が去っていきました・・・

こんにちは! みなさん、台風の被害はありませんでしたか? 病院の方は大きな被害もなく、無事に乗り越えることが出来ました。 臨時休診となり、日程の変更にご協力いた […]