大事なお知らせ

ブログ・お知らせ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

急に元気がなくなった潜在精巣のパンちゃん

先日、朝から急に元気と食欲がなくなった、うんちもしない

と来院したのは、とっても寂しがりでまだまだ子供のパンちゃんです。

診察をしようとすると、かなり下腹部を痛がっていました。

生後10ヶ月の好奇心旺盛さで、タオルをかじったりする、とのことだったので、

異物の可能性も考え、腹部エコーを実施しました。

すると、異物はなさそうでしたが、痛がっている部分にしこりが見つかりました。

よくよく見てみると、しこりには血液が巡っておらず、潜在精巣の捻転が疑われました。

 

犬の精巣は通常、生後30日過ぎるとお腹の中から陰嚢内に降りてくるのですが、

それがうまくいかずに、お腹の中や鼠径部、皮下で

精巣が留まってしまった状態を潜在精巣(隠睾)といいます。

潜在精巣は通常の精巣と比較して、腫瘍化リスクが高いことが知られており、

早期の摘出手術を勧めていますが、

その他に、まれにお腹の中で捻れて(捻転)血行障害を起こし、急性症状を起こすことがあります。

 

パンちゃんは、すぐに開腹での摘出手術となりました。

血行障害で赤黒く変色してしまった、精巣が確認されました。

かなり痛かったろうと思います。

 

捻転はまれな事ですが、やはり潜在精巣は早期摘出が良いようです。

腹腔内の潜在精巣は腹腔鏡で痛みが少なく手術ができますので、

精巣が2つ確認できない仔犬さんはご相談ください。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

福岡動物メディカルパークリヴ動物病院

811-2221 福岡県糟屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL : 092-692-1914 / FAX : 092-692-1924

その他のお知らせ

2021.04.15

お花見

皆さんお花見しましたか? 自粛しながら広い公園で密にならないようにお花見してきました。 今年はおもっていたより早く満開になってしまって行きたい所には行けませんで […]

2021.04.09

浄土宗

法事がありました。 ハイチュウをもらいました。 なんでもありな世の中だなぁと。  

2021.04.03

ジョニー

                      &nb […]

2021.03.31

ミモザ

                      &nb […]