ブログ・お知らせ診療ブログ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

子宮蓄膿症のチョコちゃん

手術報告 2016.10.22 UP DATE.

先日、元気・食欲が全くなくないと来られたのはミニチュア・ピンシャーのチョコちゃんです。
嘔吐や下痢などもないとの事ですが、熱を測ると39.8℃と高めでした。

いつもならご飯もガツガツ食べるチョコちゃんですが、ご飯を食べないし動きもないので、やっぱりいつものチョコちゃんと違うよねというお話をさせてもらってから院内で検査を行いました。

血液検査では白血球の数値も高く、炎症のマーカーであるCRPは測定不能なほど高値でした。しかしこれだけでは炎症がどこから起こっているかわからないのでお腹のエコーも行ってみると、子宮に液体が溜まっている所見が見られたのでおそらく子宮蓄膿症(子宮に膿がたまる病気)だとお話させてもらいました。

そうとなれば、外科的に卵巣と子宮全摘出を行うことが一般的な治療法となっているので少し脱水を改善するために点滴を流してからその日のうちに手術を行いました。

摘出した卵巣子宮がこちらです。

img_3759

現在、炎症の値も熱も下がり元気食欲もいつも通りに戻ってくれています!

チョコちゃんは6歳で今まで毎年予防の時に避妊手術をお勧めしていましたが、やはり手術はかわいそうという気持ちもありなかなか踏み出せずにいました。そういうお考えの飼い主さんはとても多く感じますが、避妊手術は様々なホルモン性の病気や今回のような子宮蓄膿症の予防にもつながります!なので、赤ちゃんを産ませたい!というお考えがないのであれば、早めの不妊手術をお勧めします。

チョコちゃんも、手術と入院生活頑張ってくれました♪
今後も経過をしっかり観察して、サポートしていきます。

 

獣医師 平湯

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったニコちゃん

手術報告 2016.10.20 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったのはニコちゃんです。

img_3968

およそ生後6ヶ月のニコちゃんですが、お顔がすでにイケメンでとても人懐っこい子でした!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 平湯

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

目ヤニがひどいまるちゃん

診療ブログ 2016.10.18 UP DATE.

ここ1年ほど目ヤニがひどく止まらないと来院したのは、トイプードルのまるちゃんです。

眼の洗浄や抗生剤点眼、保湿点眼を行っていたそうです。

 

瞼が赤く腫れて大きな目ヤニの塊がくっついています。

眼の表面に光沢が少なく、結膜も充血していました。

img_3681

検査中の写真です。点眼薬を使った後なので、眼が潤っているように見えています。

角膜に傷はありませんでしたが、白く濁った部分があり、周りから血管が入り込んできていました。

img_3682

検査を色々行いましたが、その中のシルマーティアテスト(STT)という涙の量を測る検査で

両側とも≦5mmという重度の涙液量の低下が確認されました。

これより乾性角結膜炎(KCS)、いわゆるドライアイが第1に疑われました。

両側とも瞼が内まき気味なので、眼瞼内反症による涙液を貯める機能の問題も考えられますが、

犬のKCSの原因として最も多い免疫介在性のものであれば、免疫抑制剤の局所投与で涙液量の改善が望めるので、

点眼療法を行って反応を見ることになりました。

img_3808

お家での点眼を3種類、まず1週間頑張っていただきました。

眼の光沢が出てきていますし、赤みや目ヤニも少し引きました。

眼の検査はどうしても怖がって嫌がる子が多いのですが、とってもお利口に検査をさせてくれるまるちゃん。

このままどんどん良くなりますように!

 

獣医師 山﨑

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術と乳歯抜歯を行ったレオンちゃん

手術報告 2016.10.16 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったレオンちゃんです。

img_3722

レオンちゃんは上下左右4本の犬歯と臼歯4本、切歯1本の乳歯が残っていたので
同時に乳歯抜歯の処置を行いました。

◎処置前

img_3725

◎処置後

img_3728

乳歯が抜けずに永久歯が生えてきてしまっていたので
歯の間に歯垢がたまりやすく、歯石がつきやすくなってしまっていました。

もし残っている乳歯を見つけられた場合はお早めに抜歯をご検討されることをおすすめします。いつでもご相談ください!

小さい体で元気いっぱいのレオンちゃん。
人懐っこくてとっても可愛かったです♪

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

全身に毛玉が出来てしまったマリルちゃん

診療日誌 2016.10.14 UP DATE.

全身に毛玉ができてしまったと来院されたのはメインクーンのマリルちゃんです

img_3817

とってもかわいいお顔のマリルちゃん。おとなしくておりこうさんでした。

体を見てみると…

img_3822

写真ではわかりにくいですが、全身に大量の毛玉ができてしまっていました。

毛玉は放っておくとその下の皮膚が悪くなってしまう可能性があります。
マリルちゃんは麻酔をかけて毛刈りを行うことになりました。

処置後

img_3824

すっきりきれいになりました!!

幸い皮膚も悪くありませんでした。

マリルちゃんよくがんばりました。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったポンタくん

手術報告 2016.10.12 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったポンタくんです。img_3520

病院ではとっても大人しいポンタくん。
手術よくがんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術と歯科処置をおこなったそらちゃん

手術報告 2016.10.10 UP DATE.

先日、避妊手術をおこなったヨークシャーテリアのそらちゃんです。

img_3701

最初は怖がっていましたが、とってもおりこうさんにがんばれました!!

そらちゃんは歯石もついていたので、同時に歯石除去も行いました。

◎処置前

img_3706

◎処置後

img_3709

奥歯に特に歯石がついていたのですが、すっかりきれいになりました!!

今後はアニマルウォーターやデンタルバイオなどでお口の健康維持をおこなっていただく予定です。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったおとめちゃん

手術報告 2016.10.08 UP DATE.

先日避妊手術を行ったおとめちゃんです。

img_3811

ワクチンに来院した時から懐っこい性格を発揮していたおとめちゃん!

流石にお預かり後は初めての入院室に緊張していましたが、

手術翌日には慣れてゴロゴロとのどを鳴らしてくれました!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 山﨑

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

パルボウィルスに感染したハクちゃん

診療ブログ 2016.10.06 UP DATE.

今回は、嘔吐が続いて元気も少ししかないということで来院された生後4ヶ月齢のハクちゃんのお話です。

img_3324

来院された当日の朝に1回嘔吐して、その後立て続けに3回ほど吐いてご飯も食べていないとのことでした。
前日の昼までは元気に暴れて寝ていたけど、夜からご飯を食べなかったそうです。その他は下痢などもなく、特徴的な所見はありませんでした。

飼い主さんとお話して、その日はお預かりして当院でできる検査をさせてもらうことになりました。

血液検査では特に大きな異常はありませんでしたが、エコーでは腸が肥厚して腸の構造がおかしく見えるところがあったのと少し腹水があったのでこの日は点滴を行って経過観察を行うことになりました。

嘔吐が主訴でこられたら食事内容や感染の他に異物などが体内にないかの判断も、外科手術が必要になってくるのか・内科治療で進めていいのかの指針を立てる上で大切になってきます。

結果的に、ハクちゃんの場合は点滴を行うと全身状態は徐々に良くなり点滴のラインで遊ぶくらいになっていました。
次の日には動きが良すぎて、点滴ができないくらいになったのでやめています。(その後ご飯もペロリと食べてくれるようになりました!)

エコーでハクちゃんのお腹の中の状態の経過を見て、「リンパ節炎を伴う重度な腸炎」とお話しています。
腸閉塞などはありませんでしたが、今後腸炎がひどくなって腸同士が癒着を起こす可能性もあります。

では、一体何が原因で「重度な腸炎」を引き起こしてしまったのでしょうか?

後日、ハクちゃんが下痢をし始めたのでその便を検査センターに出して調べてもらうと、「パルボウイルス感染症」にかかっていることがわかりました!

img_3833

パルボウイルスとは、「猫汎白血球減少症」の原因のとなる伝染力の強い感染症で、突然の衰弱、嘔吐、下痢や重度の脱水などの症状を引き起こします。特に子猫では死亡率が高い怖い病気であります。

ハクちゃんは無事に退院して、現在は元気に過ごしていて経過観察中です!
今回のハクちゃんの症状を見ていると、教科書などに書かれてあるようなひどい症状(血便が出たり、白血球が減少したり)ではなかったのですがパルボウイルスに感染しているとわかって、お腹の重度な腸炎の所見と辻褄が合いました。

この病気はワクチンで予防できるので、今後は時期を見てワクチンを打っていけたらと思っています。

 

獣医師 平湯

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行った海斗くん

手術報告 2016.10.04 UP DATE.

先日、去勢手術を行った海斗くんです。

img_2380

とっても元気いっぱいの海斗くん、手術頑張りました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

壊死性髄膜脳炎のつぼみちゃん

診療日誌 2016.10.02 UP DATE.

3日前からお顔がかたむいているといって来院されたのは、パピヨンのつぼみちゃんです。
元気、食欲は変わりないみたいですが、見てみると確かにお顔が傾いていました。

%e3%81%a4%e3%81%bc%e3%81%bf%e6%96%9c%e9%a0%b8

↑ 初診の時のつぼみちゃん
かなりお顔が傾いています。
歩き方も少し右に倒れるような感じでした。

斜頸の原因としては
・内耳の問題
・前庭の問題
・脳の問題
などが考えられますが、まだ若いので前庭障害は考えにくく、お耳もきれいだったので、
念のためMRIを撮りにいってもらうことにしました。

脳脊髄液の検査もしてもらった結果、壊死性髄膜脳炎と診断されました。

壊死性髄膜脳炎とは別名パグ脳炎とも呼ばれており、特発性の非感染性脳炎です。
原因ははっきり解明されておらず、免疫介在性の疾患であることが疑われています。

治療は、2種類の免疫抑制剤を使用し、脳圧を下げるお薬も飲んでもらっています。
てんかん発作を伴う場合は抗てんかん薬も同時に使用しますが、つぼみちゃんは
てんかん発作は見られないため、抗てんかん薬は使用していません。

治療開始から約2週間後

斜頸はよくなりました!!
元気、食欲もしっかりあるみたいで、まずは順調です。
ただ、お薬の影響もあり、体重が増えてしまいました。

その後も定期的に通っていただいて、免疫抑制剤の量を少しずつ減らしていきました。
飼い主さんの頑張りとご協力があり、ダイエットも成功しました!!

現在は病気がわかってから約7カ月が経とうとしていますが、お薬の量も徐々に減らしながら
経過はとっても順調です。

%e3%81%a4%e3%81%bc%e3%81%bf2

いつも可愛い洋服を着てしっぽをふりふり大喜びで病院にきてくれます。
とても良く似合ってますね!!

今後もしっかりサポートしていきたいと思います。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

ケンカで舌を切ったリツコちゃん

診療ブログ 2016.09.30 UP DATE.

お昼頃、同居犬とケンカをして血まみれです!と電話が入りました。

すぐに連れて来ていただくと、出血は落ち着いていましたが、舌に傷を負ってしまっていました。

まだ1歳のハスキーのリツコちゃんです。

来院時、本人はケロッとしていましたが、この状態です。

img_3594-2

写真は術前ですが、痛々しいです。。。

傷は大きいですが幸いきれいに裂けており、且つ受傷後すぐだったので、早くくっつければきれいに治るはず!

ということで健康状態の検査の後、即縫合となりました。

img_3595

img_3597

img_3598

裏表きれいに縫えました。

このまま何事もなく治ってくれることを祈るばかりです。

img_3694

獣医師 山﨑

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

attention

2017.06.22

腹腔鏡下避妊手術を行ったクッキーちゃん

先日、腹腔鏡下での避妊手術を行ったクッキーちゃんです。 腹腔鏡とは細長いカメラでお腹の中をみながら手術をする方法で、お腹を開けずに挿入用の小さな切開を入れて行い […]

attention

2017.06.20

靴下を飲み込んでしまったフールちゃん

今は元気だけど、さっき靴下を飲み込んでしまったとのことで来院されたのは、8ヶ月齢のフレンチブルドックのフールちゃんでした。 ↑何だか申し訳なさそうなフールちゃん […]

2017.06.18

去勢手術を行ったビーノちゃん

先日、去勢手術を行ったビーノちゃんです。 とても元気で、病院でも楽しそうに動き回っていました。 当院にご依頼いただきありがとうございました。 ご信頼に応え、無事 […]