ブログ・お知らせ獣医師スタッフブログ

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

ずっとトイレで気張っているこじろう君

診療日誌 2018.12.16 UP DATE.

先日、トイレでずっと気張っていた、こじろう君のお話です。鼻筋の通ったイケメンです。

お腹を触ってみると膀胱がカチカチで、尿路閉塞を起こしていました。

そこで、閉塞の解除処置を行い、数日で回復しましたが、膀胱内に結石が確認されました。

 

こじろう君は以前に尿石の影響で、尿管(腎臓から膀胱へつながる管)を痛め、

片方の腎臓を失った既往があるため、尿石治療用のご飯を食べていましたが、

それでもなお尿石ができてしまう体質のようでした。

 

手術で膀胱から石を取り除こう、ただ、それだけで良いのか?、等々と検討していると、

前回から一週間程度でまたトイレでずっと気張っているこじろう君の姿がありました。

 

おそらく再度同じ石が尿道に落ちてきたようでした。

結果、膀胱の中の結石だけ取っても体質上また石ができて、尿道に詰まってくる可能性が高い、と判断し、

膀胱の結石を取る手術と一緒に、会陰尿道造瘻術という、尿道の拡張手術を行うことになりました。

 

猫の雄の尿道は出口に近付くほど細くなり、かつカーブをしています。

そのために、出口付近で尿石や栓子が詰まってきます。

そこで、少し奥のまだ広い尿道を引っ張ってきて広い出口を作りましょう、というのが会陰尿道造瘻術の概要です。

この手術をすると尿道の走行が雌猫のそれに似てくるのと、ペニスを失うことから、女の子にする手術と言われたりします。

 

無事に取れた石がこちらです。なんだか痛そうな形です。

 

尿石症は多くの場合で生涯のケアが必要になります。

こじろう君は腎臓が片方しかないので、そちらを守れるよう頑張ってケアを続けようと思います。

 

これからの寒い時期は猫の運動量が減り、また飲水量が減ることによって、

尿石症を含めた下部尿路疾患がおこりやすい季節です。

トイレの様子には気をつけてあげてください。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

学際セミナーに参加しました!

セミナー参加 2018.12.14 UP DATE.

先日、博多で行われた学際企画のセミナーに参加してきました。

講師は札幌夜間動物病院 院長の川瀬広大先生で
内容は「胸部エマージェンシーに対する初期集中治療〜救命のための安定化テクニック〜」でした。

救急の患者さんはいつ来院されるかわからず、その場の判断や対応が救命にとても重要です。
夜間病院での救急の対応や経験のお話がたくさん聞くことができ、非常に勉強になりました。
実際に使用している道具などの紹介もあり、取り入れていきたいと思います。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

退職のご挨拶

獣医師スタッフブログ 2018.12.11 UP DATE.

お世話になります。獣医師の木村です!

この度、12月16日をもちましてリヴ動物病院を離れることとなりました。
直接ご挨拶できずこのようなご報告になってしまった方には申し訳ございません。

獣医師として2年9ヵ月勤務させていただき短い時間となってしまいましたが、たくさんの方とお会いし、お話しし、診療させていただき、獣医師としての成長はもちろん、社会人として、人として、私自身1飼い主として、たくさんのことを学ばせていただきました。
私も飼い主の皆様も、伴侶の動物たちのことを日々一緒に悩み一緒に頑張ってこれたからこそ充実した獣医師としてのお仕事をさせていただけたと心より感謝しております。
当院に就職し獣医師として初心者だった私ですが、少しでも動物たちと笑顔で過ごすサポートができていたのであればうれしく思います。
そして、思いに応え頑張ってくれた動物たちと離れることがさみしく思います…。

ここでの日々を必ず糧にして、また頑張っていきたいと思っております。
皆様もお体にお気をつけて、動物たちとともに元気に過ごして頂けたらと願っております。
大変お世話になりました。
ありがとうございました!

去勢手術を行っためかぶちゃん

手術報告 2018.12.10 UP DATE.

先日、去勢手術を行っためかぶちゃんです。

とってもヤンチャなめかぶちゃん、病院でも元気いっぱいでした!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

腹腔鏡下避妊手術を行ったココちゃん

手術報告 2018.12.08 UP DATE.

先日、腹腔鏡下で避妊手術を行ったココちゃんです。

腹腔鏡については下のブログをご覧ください。

http://live-ac.com/archives/6753

 

小さい体ですが、3匹の子犬を産んだお母さんでもあるココちゃん。

手術もよく頑張りましたね!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったマロンちゃん

手術報告 2018.12.06 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったマロンちゃんです。

初めての病院でよく頑張りましたね!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったモカちゃん

手術報告 2018.12.12 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったモカちゃんです。

モカちゃんはトリミングの際に精巣が陰嚢内に1つしかないことが指摘されており、
オーナーさんからのご相談を受けました。

今回の手術で麻酔をかけた後、鼠径部を改めて触診すると皮下に精巣が停留していました。
腹腔内にあればお腹を開けての手術になりますが、モカちゃんは皮下にあり、さらに正常な位置にも近かったため、
通常通りの1箇所の切開で2つの精巣を摘出することができました。

元気いっぱいのモカちゃん。
無事に手術が終わってよかったです!!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

前十字靭帯断裂をTPLOで治療したチャッピーちゃん

手術報告 2018.12.04 UP DATE.

「左後ろ足を引きずって、3日くらい前からひどくなった」とのことで来院されたのは8歳のMIX犬のチャッピーちゃんでした。

チャッピーちゃんは、ちょうど1年くらい前に同じ左足を痛めてましたが、内科的な治療でそこそこ調子が良くなって様子を見ていたそうです。


とても怖がりの子で、とても緊張した症状をしていますね。

早速診察をしてみると、左の膝部に痛みを訴えており、前十字靭帯断裂が強く疑われました。そこで、鎮静処置下でのレントゲン検査を実施させていただきました。


すると、左膝の関節腔の拡大所見と脛骨の前方変異が認められ、触診視診および病状の経過から前十字靭帯断裂と診断しました。
(逆側の右側もまだ断裂はしていませんでしたが、かなり負担がかかっているようすだったので、近いうちに断裂が起こると思われました)

お話を聞くと山を駆け回ったりするくらいアクティブな生活をしているとのことでしたので、現状最も治療効果の良いTPLOという手術をお勧めしたところ、
ご希望があったので手術を実施しました。

 
手術直後(左側)手術から1ヶ月後(右側)

術後1ヶ月で予想以上に運動をされていたので、慌てて安静を約束してもらいましたが、レントゲンでの経過は順調でした。


術後2ヶ月目の経過も順調で、ここまでくれば大丈夫と言えるでしょう。

あとは、あまり運動しすぎて右側も断裂しないように祈るばかりです。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

避妊手術を行ったふうちゃん

手術報告 2018.12.02 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったふうちゃんです。

ふわふわの素敵な毛並みのふうちゃん、よく頑張りました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったチビ太ちゃん

手術報告 2018.11.30 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったチビ太ちゃんです。

目がまん丸で甘えん坊のチビ太ちゃん。
保護された当時からこんなに大きくなって嬉しかったです(^^)
(以前のブログです)
http://live-ac.com/archives/5882
久しぶりの病院ではちょっとびっくりしていましたが頑張りました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

消化管腫瘍の摘出を行ったベッキーちゃん

手術報告 2018.11.28 UP DATE.

今回は急に元気が無く、ご飯を食べなくなったベッキーちゃんです。

外耳炎の治療で通っていたベッキーちゃんですが、ご飯を食べなくなり嘔吐するようになったと来られました。
また便が黒くなっているとのことでした。

そこで、腹部エコー検査をすると小腸の一部で腸管の正常な層構造が見えなくなっており腸が閉塞しているところがありました。

血液検査で重度の貧血も起こしており、かなり深刻な命の危険を伴う状態でした。
この時点でおそらく消化管腫瘍により腸閉塞を起こしていること、消化管腫瘍から出血が続いており貧血が起こっていることが考えられました。

供血協力犬とのクロスマッチ検査を行い、輸血の準備をして翌日に緊急の消化管腫瘍摘出手術を行いました。

摘出前の消化管腫瘍の写真です。

なんとか麻酔も乗り切り、無事に手術を終えました。

しばらく入院している間も吠える元気があり、貧血の改善も良かったため無事に退院。

消化管腫瘍の病理検査結果は「平滑筋肉腫」という悪性腫瘍でした。
今回の手術で取りきることができていたので再発の心配は低いですが今後定期的な検査で見ていきます。

定期的に病院での診察を受けていただいていたため、すぐに来ていただきなんとか一命をとりとめて今はすっかり元気です。

もうすぐ手術して一年になりますがつい最近また別の手術を行いました。

何度も病院で手術を行なったせいかあまり病院のことが好きではありませんが
このまま元気に過ごしてほしいと思います。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

痒くて仕方がないゴンちゃん

診療日誌 2018.11.26 UP DATE.

先日、体が痒くて仕方がない、と来院したのは大柄なおじいちゃんのゴンちゃんです。

痒みが出はじめたのは10歳越えてから、とのことでした。

全身、特にお腹から下が長く続いた炎症の結果、黒く分厚くなってしまっています。

高齢犬の皮膚病は色々な原因から起こるため、皮膚検査はもちろんですが、血液検査を含めた全身の精査を行いました。

すると皮膚検査で、下の写真のようなものが見つかりました。

これはカイセンダニの卵の可能性が高いです。

他に甲状腺機能低下症の疑いもありましたが、

まずカイセンの試験的治療と内服薬による痒みの制御、スキンケアで治療を行ってみることにしました。

 

1ヶ月後、痒みはまだありますが、その程度はかなり軽くなり、元気と食欲が増してきました。

皮膚も発毛が認められます。

痒みが消えていないことから、アトピーのような痒みを起こす基礎疾患があることが疑われますが、

カイセンの二次感染によりさらに悪化していたと考えられました。

 

現在、自宅でのスキンケアを主軸にした外用療法を自宅で続けています。

大柄なので大変だと思いますが、ご家族に頑張っていただいている甲斐もあって、だんだんと毛が増えてきています。

しっかりと継続ケアをしていきたいと思います。

 

痒みのストレスは強いため、それだけで元気や食欲が低下することもあります。

ゴンちゃんのように、二次感染の管理で改善が見られることもありますが、

やはりアレルギーのような基礎疾患が疑われる場合は、体質なので付き合っていく必要があります。

しかし、痒みをコントロールしてあげるだけでも、ストレスが軽減し元気になるケースも多いです。

「どうせ体質で治らないから」ではなく「楽にしてあげられるかも」で、相談にいらしてください。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

2019.01.17

リヴの王子様

リヴの王子様シッポサキマルマリ君にテントとハンモックをプレゼントしました。 ハンモックはなかなか使ってくれませんがテントはよく使ってくれます。 はやくハンモック […]

2019.01.11

チョークアート

久しぶりにチョークアートの教室にいってきました。 今年の干支のイノシシと日の出を書きました。 来ていた人それぞれでイノシシぼ表情がちがっておもしろかったです。 […]