ブログ・お知らせ手術報告

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

去勢手術を行ったトラちゃん

手術報告 2017.07.24 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったトラちゃんです。

おうちでは子猫の遊び相手をしてあげてる、面倒見のいいパパです!

 

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

腹腔鏡下避妊手術を行ったいちごちゃん

手術報告 2017.07.20 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったいちごちゃんです。

いちごちゃんは腹腔鏡を使って避妊手術を行いました。

腹腔鏡という細長いカメラを使ってお腹の中を見ながら行う手術で、傷が小さく開腹手術に比べて術後の回復が早いと言われています。
その他にも開腹手術と比べて様々なメリットが言われており、獣医療でも普及が進んでいる手術方法です。

いちごちゃんの手術後の写真です。

何かご相談になりたいことがあればいつでもお聞きください。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術と抜歯の処置を行ったドォードちゃん

手術報告 2017.07.16 UP DATE.

先日、去勢手術と抜歯の処置を行ったドォードちゃんです。

ドォードちゃんは他の犬に寄って行った時にぶつかって脱臼してしまった犬歯と昔硬い歯磨きおもちゃで折れて歯髄が見えてしまっていた臼歯があり、
化膿したり疼痛が出たりする前に抜歯の処置も行いました。

折れてしまった歯は歯周病や歯肉炎、細菌感染の原因になる可能性があるため、抜歯の処置が必要となることもあります。

歯石だけでなく、歯が折れたといったことに気づかれた時はお早めにご相談ください。

バッチリカメラ目線を決めてくれたドォードちゃんでした(^^)

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術で片側潜在精巣摘出も行ったレンちゃん

手術報告 2017.07.12 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったレンちゃんです。

レンちゃんは片側の精巣が皮下に残ったままで陰嚢に降りてきておらず、腫瘍化のリスクが通常より高かったため早めの去勢手術をおすすめしていました。
精巣の場所が通常の去勢手術の切開部と近かったため、一か所の切開で終わることができました。

チワワとプードルのMixのレンちゃん。
小さな体で手術がんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったクロエちゃん

手術報告 2017.07.08 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったクロエちゃんです。

チワックスのクロエちゃん。
いつもは男の子2匹といつも一緒なのですが、独りで手術とお泊まり頑張りました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

腹腔鏡下避妊手術を行ったコナちゃん

手術報告 2017.07.04 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったコナちゃんです。

コナちゃんは腹腔鏡下で避妊手術を行いました。

2.0 kgの体でしたが、術後の回復が早いということや開腹しないため臓器が空気に触れないため損傷が少ないことから、希望していただきました。
お腹の真ん中に細長いカメラ用のポートを挿入し、もう一つ鉗子用のポートを挿入、もう一つの鉗子は刺入して3つの小さな傷で終わりました。

術後の写真です。

腹腔鏡の手術は犬の避妊手術や雄の腹腔内潜在精巣摘出の手術の他、様々な手術に適応されてきています。

犬の女の子で避妊手術を考えられている方は是非ご相談ください。

コナちゃんは3日後元気な姿が見れました!小さな体で手術頑張りました。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術で片側潜在精巣摘出も行った豆吉ちゃん

手術報告 2017.07.02 UP DATE.

先日、去勢手術を行った豆吉ちゃんです。

豆吉ちゃんは左側の精巣が成長途中で陰嚢内に降りてきておらず、近くの皮下に停留してしまっていました。
そのままにしておくと腫瘍化する可能性が高いため去勢手術をおすすめし、摘出することになりました。

手術は今回は切開部の近くに精巣があったため、通常の去勢手術の傷のみで終わることができました。

陰嚢を触ってみて精巣が二つあるか確認できないなど何か気になることがあればいつでもご相談下さい。

豆吉さん初めての入院でしたがとてもおりこうさんにがんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

お腹の横に大きなできものができたパクちゃん

手術報告 2017.06.28 UP DATE.

お腹の横に大きなできものができたパクちゃん。

大きくなったのは3年前からで本人も気にしておらず手術を望まれていなかったため、経過観察としていました。
しかし今回、直径5cmほどにまで大きくなり、厚みも増したので一部破れてしまい、細菌感染を起こす前に摘出することとなりました。

摘出前の腫瘤がこちらです。

手術は皮下にあった腫瘤と皮膚の一部を切除しました。

摘出した腫瘤の中身です。

脂の塊のような白いものが詰まっていました。

病理検査の結果、「毛包性嚢胞」というものでした。非腫瘍性病変で転移や再発もないものでした。

数年間お腹の横にあった大きなできものが取れてスッキリしました。
15歳でしたが傷の治りも良く、麻酔の影響も特別残らず、よかったです。

これからも元気に過ごしていけるよう、サポートしていきたいと思います。

福岡メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術と鼡径ヘルニアの手術を行ったりこちゃん

手術報告 2017.06.24 UP DATE.

先日、鼡径ヘルニアの手術と合わせて避妊手術を行ったりこちゃんです。

以前より下腹部のしこりを気にされており、今回手術をご希望されたため、避妊手術と同時に行うことになりました。

下腹部、左鼠径部のしこりは触診で腹腔内の軟部組織が鼡径輪という穴から皮下にでてきてしまっている鼡径ヘルニアの状態でした。
通常通りの避妊手術を行った後、鼠径部を切開しヘルニア孔を確認、筋層を縫合しヘルニア修復の手術を行いました。

術後の経過も順調で、しこりもなくなったりこちゃん。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

腹腔鏡下避妊手術を行ったクッキーちゃん

手術報告 2017.06.22 UP DATE.

先日、腹腔鏡下での避妊手術を行ったクッキーちゃんです。

腹腔鏡とは細長いカメラでお腹の中をみながら手術をする方法で、お腹を開けずに挿入用の小さな切開を入れて行います。
卵巣を摘出する際は細長い鉗子を挿入し、超音波凝固切開装置で切除します。

腹腔鏡の手術は臓器が空気に直接触れることがないため損傷が少なく、傷口が小さいため術後の回復が早い
というメリットがあります。

傷口はこのくらいの大きさです!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったビーノちゃん

手術報告 2017.06.18 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったビーノちゃんです。

とても元気で、病院でも楽しそうに動き回っていました。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院   獣医師:荒木

腹腔鏡下避妊手術を行ったココロちゃん

手術報告 2017.06.16 UP DATE.

先日、腹腔鏡下での避妊手術を行ったココロちゃんです。

腹腔鏡とは細長いカメラでお腹の中を見ながら手術をする方法で、お腹を開けずに挿入用の小さな切開を入れて行います。
卵巣を摘出する際は細長い鉗子を挿入し、超音波凝固切開装置で切除します。

腹腔鏡の手術は臓器が空気に直接触れることがないため損傷が少なく、傷口が小さいため術後の回復が早い
というメリットがあります。

抜糸まで順調に終わりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

2017.07.24

去勢手術を行ったトラちゃん

先日、去勢手術を行ったトラちゃんです。 おうちでは子猫の遊び相手をしてあげてる、面倒見のいいパパです!   当院にご依頼いただきありがとうございました […]

2017.06.30

【急募】動物看護師募集!パート可

【急募】動物看護師として、動物医療に真摯に取り組める方を一般募集いたします。 「認定動物看護師」資格取得者、動物関連の専門学校卒業者・トリマー・動物看護経験者の […]

attention

2017.07.21

精巣炎を起こしたまろんちゃん

僧帽弁閉鎖不全症という心臓病で丸2年治療している、14歳のジーズのまろんちゃんですが、急に元気と食欲がなくなったとのことで来院されました。 心臓病の悪化を心配し […]