ブログ・お知らせ手術報告

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

子宮蓄膿症のベスちゃん

手術報告 2016.05.24 UP DATE.

「3週間前くらいから生理があった。今朝は食欲はあるけど、くたっとして元気がないようだ」とのことで来院されたのは黒ラブ11才のベスちゃんでした。

IMG_1756

ベスちゃんとは2才の頃からのお付き合いで、もうすぐ10年になります。
とても怖がりの子で当日の診察もイヤイヤオーラを出してましたが、いつもより元気がないかなと感じました。

そこで、各種検査を実施したところ、腹部に強い炎症を伴う円筒状の腫瘤が確認されたので子宮蓄膿症と診断しました。

unnamed.0010

unnamed.0012

子宮蓄膿症の治療の第一選択は外科です。
お年寄りの大型犬ですので、若い時と比べて、また健康な時と比べてリスクを負うことにはなりますが、ベスちゃんを助けるためには手術が必要です。
オーナーの方にもご了承をしていただいて、手術を実施することにしました。

開腹してみると、大きく拡張した子宮が腹部の他臓器を圧迫していましたが、幸い腹膜炎は併発しておらず、無事に手術を終えることができました。
切除した子宮にはたくさんの血膿が溜まっており、これでベスちゃんを苦しめていた原因が取り除けて「ほっと一安心」です。

IMG_1728

心配していた術後の経過も順調で、ベスちゃんとご家族に笑顔が戻って、お付き合いが長いだけに私もとても嬉しかったです!

img_housecalls

それでも、若い時に避妊手術を受けていただくことが一番安全安心ですので、「ご自分の愛犬猫達に避妊手術を受けさせてあげる」ことを考えてあげて下さい。

獣医師 佐藤

去勢手術を行ったヨッちゃん

手術報告 2016.05.22 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったヨッちゃんです

yottan

とってもかわいくておりこうさんなヨッちゃん。抱っこが大好きで、お父さん、お母さんにだっこをされると嬉しそうにしています。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 酒井

避妊手術を行った風ちゃん

手術報告 2016.05.18 UP DATE.

 

先日、避妊手術を行った風(ふう)ちゃんです。

避妊手術

とっても大人しくておりこうさんでした!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

去勢手術を行った凛ちゃん

手術報告 2016.05.14 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったのはチワワの凛ちゃんです。

凛ちゃんスタッフにもとても懐いてくれて、お利口さんに頑張ってくれました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 平湯

避妊手術を行ったさぁちゃん

手術報告 2016.05.08 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったのは猫のさぁちゃんです。

とても美人さんで、ずっとゴロゴロいってくれました♪

当院にご依頼いただきありがとうございました。

ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 平湯

去勢手術と乳歯抜歯をおこなったルークちゃん

手術報告 2016.05.04 UP DATE.

先日、去勢手術をおこなったトイプードルのルークちゃんです。

とってもおりこうさんなルークちゃんです。
ルークちゃんは犬歯が4本とも乳歯が残っていたので、同時に乳歯抜歯も行いました。

◎抜歯前 右・左

 

◎抜歯後 右・左

全部きれいに抜歯できました!!

乳歯が残っていると、永久歯との隙間に歯垢がたまりやすく、歯石の原因になってしまったり、歯並びが悪くなってしまったりします。

乳歯が残ってしまっている子は不妊手術のときに同時に抜歯をおすすめしています。

ルークちゃんよくがんばりました。
当院にご依頼頂きありがとうございました。
ご信頼に応え無事手術は終わっております。

獣医師 酒井

異物による腸閉塞をおこしたロビンちゃん

手術報告 2016.05.02 UP DATE.

今回は、「2~3日前からご飯を食べないし元気もない」という事で来院されたワイマラナーのロビンちゃんのお話です。

また、4~5日前には食べたものを吐いたそうです。

ロビンちゃんは現在10歳で、3歳の時は2回異物を誤飲して腸の切開を行っています。

年齢の事もあるので、異物だけを疑うのではなく腫瘍がお腹の中にできているかもしれない…など様々な鑑別診断を考えお腹のレントゲンやエコーをさせてもらいました。

◎腹部レントゲン(一部)

レントゲン画像からは、胃の通過障害が起こっている事、また腸のつづれ像がみえることから、「異物の誤飲」と診断しました。

ロビンちゃんの場合、内視鏡では取り出せない所まで異物があることから胃の切開と腸の切開を行って外科的に摘出しました。

出てきた異物は繊維状のもので、飼い主さんにお伝えするとタオルだろうということでした。

冬の間は夜が冷えるのでタオルケット(毛布)を入れていたみたいで、時々噛んでいたみたいです。

◎術後数日してからのロビンちゃん

徐々にいつもの元気を取り戻してくれました!

大型犬なので、傷口を守るためにつけてもらっているエリザベスカラーも大きいですね!

◎抜糸後のロビンちゃん

カラーも取れてスッキリ!!!

今後は絶対に食べ物以外を食べないようにさらに気をつけてください、とお伝えしています!

ロビンちゃん、もう変なものは食べないでね!!

 

獣医師 平湯

去勢手術をおこなったハチちゃん

手術報告 2016.04.30 UP DATE.

先日、去勢手術をおこなったシュナウザーのハチちゃんです

緊張していましたが、おとなしくてとってもおりこうさんでした!!

ハチちゃんは以前このブログでもご紹介したエリザベスウエアを着て帰りました。

ぴったりで良くにあっていますね!

当院にご依頼いただきありがとうございました。

ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 酒井

 

その他のお知らせ

2018.02.20

猫さん必見☆フェリウェイ

当院にすでにカルテのご登録がある猫さんが対象のフェリウェイキャンペーン♪ めったにない、この機会に猫ちゃんに「落ち着く?」って、聞いてみてください(笑) &nb […]

2018.02.20

第14回パピーパーティー報告

こんにちは! 第14回パピーパーティーの様子です♪ 当院のパピーパーティーでは、骨折や誤飲などの危険な行動、気をつけるべき習慣や、食べ物のお話など、病気や怪我な […]

2018.02.15

皮膚糸状菌症についてのお知らせです

人と動物の共通感染症に皮膚糸状菌症というのがあります。 動物を触ったあとは手洗いを必ずしましょう!   福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

2018.01.19

2月の休診日のお知らせ

2月の臨時休診日のお知らせ 7日(水) 14日(水) 17日(土) 21日(水) 25日(日) 28日(水) 26日(月)は予約診療となっております。 *勤務予 […]