ブログ・お知らせ手術報告

リヴ動物病院のキャンペーンや日々の治療のこと、またはちょっとしたコラムなど。
様々な視点で日々を綴っていきます。

去勢手術を行ったハクちゃん

手術報告 2016.11.28 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったハクちゃんです。

img_2842

ハクちゃんはもっと小さい頃にパルボウイルスに感染して入院し、その後も通院を続けていましたが、

順調に回復し、ようやくワクチンとついに去勢手術にまで漕ぎ着けました!
ハクちゃん本当によくがんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 山﨑

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

子宮蓄膿症になったチョコちゃん

手術報告 2016.11.26 UP DATE.

陰部から膿が出るといって来院されたのは、ミニチュアダックスのチョコちゃんです。

血液検査をしてみると、白血球の増加と、炎症の程度を数値化するCRPという数値が上昇していました。
エコーでは拡張した子宮が見られました。おそらく子宮蓄膿症だろうとお話させてもらい、
その日に手術することになりました。

摘出した子宮

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e5%ad%90%e5%ae%ae%e3%80%80%e6%91%98%e5%87%ba

パンパンに膨れています。

中をあけてみると・・・

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e5%ad%90%e5%ae%ae%e3%80%80%e8%86%bf

白い膿がたくさん出てきました。

術後の経過も順調で、6日目に退院しました。
その後も元気にしてくれています。

子宮蓄膿症は、不妊手術をしていない中高齢の雌犬に多く発生する病気です。
発見や治療が遅れると、命に係わるとても怖い病気です。

チョコちゃんはもともと皮膚で病院に来られていましたが、
皮膚が落ち着いたら避妊手術を考えようと思われていた矢先の出来事でした。

子宮蓄膿症は不妊手術で予防できる病気です。
赤ちゃんを産ませたいなどのご希望がなければ、早めの不妊手術をおすすめします。

 

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったシロちゃん

手術報告 2016.11.22 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったシロちゃんです。

img_4151

 

シロちゃんクロちゃんが揃うとやんちゃぶりを発揮するという兄弟。
病院ではおしとやかに過ごしてくれました。

今回マイクロチップも入れて登録することができました。
家の中で飼われている猫さんでも災害時やいざ逃げてしまったときに役立つので、マイクロチップについていつでもご相談ください。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったモアちゃん

手術報告 2016.11.20 UP DATE.

先日、避妊手術を行ったモアちゃんです。

元気いっぱいで人が大好きなモアちゃん。
いつもスタッフみんなに挨拶してくれます♪

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったデジちゃん

手術報告 2016.11.16 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったデジちゃんです。

デジちゃんは酒井先生が飼われている子猫さんで、酒井先生自ら執刀されました!

普段は物怖じしない懐っこいデジちゃんですが、何かを感じたのか少しびっくりした様子でした。
デジちゃん手術がんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

歯科処置と去勢手術を行った海くん

手術報告 2016.11.12 UP DATE.

先日、去勢手術を行った海くんです。

img_4224

海くんは健康診断のときに歯石も少しついているのも気になり、歯科処置も行いました。

◎処置前

img_4225

◎処置後

img_4227

歯石はそんなにひどくありませんでしたがしっかり奥までみると一番奥の臼歯が2本グラグラしており、残しておくと更なる歯周病の原因となるため、抜歯の処置も行いました。

今後はホームデンタルケアとしてデンタルバイオやアニマルウォーターできれいな歯を維持していくことをおすすめしています。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

避妊手術を行ったピースちゃん

手術報告 2016.11.10 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったピースちゃんです。

img_4268

とっても甘えん坊のピースちゃん、手術頑張りました!

上顎の犬歯の乳歯が残っていたので、避妊手術後に乳歯抜歯も行っています。

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 山﨑

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

前十字靭帯断裂のきらくん

手術報告 2016.11.06 UP DATE.

お散歩から帰ってきて、少し走った後、左後肢をびっこひいているといって来院されたのは、ゴールデンレトリバーのきらくんです。

img_3869

とってもおりこうさんなきらくん。こわがりさんですが、しっぽをふりふり病院に来てくれます。

診察時、確かに左後肢をびっこをひいて歩いていました(跛行といいます)が、どの場所が痛いかの特定まではできませんでした。
オーナー様のご希望もあり、まずは痛み止めとゲージレストで様子を見ることになりました。
1週間後、だんだん元気が出てきて散歩にも行きたがっているということだったので、
このまま絶対安静で様子を見ることになりました。

さらに1週間後、再び痛みが出て来たみたいで、元気や食欲も落ちてきているということだったので、
レントゲンを撮る事にしました。
レントゲンでは骨折や骨の腫瘍などの異常は確認できますが、腱や靭帯の異常は確認できません。
きらくんはレントゲンでは骨に大きな異常は見られませんでした。
痛み止めと、絶対安静で2週間様子を見て、状態が変わらなかったら、関節鏡などの詳しい検査をしましょうということになりました。

2週間経っても左後肢の跛行は良くならなかったので、山口大学に診察と検査に行っていただきました。
結果は、前十字靭帯の断裂でした。そのまま山口大学で手術をしてもらうことになりました。

前十字靭帯断裂の手術方法は何種類かありますが、
きらくんは脛骨粗面前方転移術という方法で手術をしていただきました。

手術後のレントゲンです。
%e4%bb%8a%e6%b3%89%e3%81%8d%e3%82%893001

その後、約3週間の入院の後、無事退院しました。
術後の経過も順調で、以前のようにお散歩にも行けるようになりました。
入院中にダイエットに成功し、お家に帰っても頑張っていただいているので、体重もキープできています。
きらくんもご家族もすごくがんばってくれています!

今後もサポートしていけたらなと思います。

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったくろちゃん

手術報告 2016.10.30 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったくろちゃんです。img_3990

とってもおとなしいくろちゃん。
ちょっと病院での入院に緊張していましたが、手術がんばりました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

 

 

去勢手術を行ったクーちゃん

手術報告 2016.10.24 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったクーちゃんです。

img_3934

とっても好奇心旺盛で愛想の良いクーちゃん。
手術頑張りました!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 木村

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

子宮蓄膿症のチョコちゃん

手術報告 2016.10.22 UP DATE.

先日、元気・食欲が全くなくないと来られたのはミニチュア・ピンシャーのチョコちゃんです。
嘔吐や下痢などもないとの事ですが、熱を測ると39.8℃と高めでした。

いつもならご飯もガツガツ食べるチョコちゃんですが、ご飯を食べないし動きもないので、やっぱりいつものチョコちゃんと違うよねというお話をさせてもらってから院内で検査を行いました。

血液検査では白血球の数値も高く、炎症のマーカーであるCRPは測定不能なほど高値でした。しかしこれだけでは炎症がどこから起こっているかわからないのでお腹のエコーも行ってみると、子宮に液体が溜まっている所見が見られたのでおそらく子宮蓄膿症(子宮に膿がたまる病気)だとお話させてもらいました。

そうとなれば、外科的に卵巣と子宮全摘出を行うことが一般的な治療法となっているので少し脱水を改善するために点滴を流してからその日のうちに手術を行いました。

摘出した卵巣子宮がこちらです。

img_3759

現在、炎症の値も熱も下がり元気食欲もいつも通りに戻ってくれています!

チョコちゃんは6歳で今まで毎年予防の時に避妊手術をお勧めしていましたが、やはり手術はかわいそうという気持ちもありなかなか踏み出せずにいました。そういうお考えの飼い主さんはとても多く感じますが、避妊手術は様々なホルモン性の病気や今回のような子宮蓄膿症の予防にもつながります!なので、赤ちゃんを産ませたい!というお考えがないのであれば、早めの不妊手術をお勧めします。

チョコちゃんも、手術と入院生活頑張ってくれました♪
今後も経過をしっかり観察して、サポートしていきます。

 

獣医師 平湯

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

去勢手術を行ったニコちゃん

手術報告 2016.10.20 UP DATE.

先日、去勢手術を行ったのはニコちゃんです。

img_3968

およそ生後6ヶ月のニコちゃんですが、お顔がすでにイケメンでとても人懐っこい子でした!

当院にご依頼いただきありがとうございました。
ご信頼に応え、無事に手術は終わっております。

獣医師 平湯

福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

その他のお知らせ

2020.01.20

譲渡会のご案内

1月25日(土)・1月26日(日)に志免町にあるTSUTAYA BOOK GARAGEにて 動物愛護団体「うみねこ」さんによる、猫の譲渡会があります! 新しく猫 […]

2020.01.20

シニアケアセミナー開催!!

こんばんは。 獣医師の中尾です。   皆さんは今年の目標を立てましたか? 思うだけでなく、書き表す&意識することで目標達成に近づくと言われています。 […]

2020.01.14

2月の臨時休診日

2月の臨時休診日のお知らせ   1日(土)*午後は休診となっております。ご注意ください。 5日(水) 7日(金)*午後は手術時間となっております。午後は診察でき […]